フラウリッヒ練習日記 2015年12月3日(木)

12月最初の練習です。

本番まで数回しか練習がありません。

 

本日の練習曲目は下記。

 

「神の御子は」

「ひいらぎ飾ろう」

「もみの木」

「ホワイト・クリスマス」

「Salve Regina」

「Ave Maria」

「A Clare Benediction」

6日のコンサートや合唱フェスティバルを控えて、何となく気もそぞろな感じでした。

イベントはさっさとクリアして、自分たちのコンサートの練習に身も心も専念しなくてはならないのですが・・・

 

来週はドレスリハーサル予定だそうです。(ドームは寒いのに・・・)

各自本番仕様のマイ楽譜集と(ドレスに適応する?)身体の準備を~(;一_一)

皆様風邪ひかないようにご自愛ください。

 

ではまた来週。

フラウリッヒ練習日記 2015年11月26日(木)

今日は真鍋先生のトレーニングがありました。


トレーニング後、下記の歌の練習。


「神の御子は」

「荒野の果てに」

「We wish you a merry Cristmas」

「Salve Regina」


この後、コーラスはしばし休憩。


真鍋先生のソロでマスカーニの「Ave Maria」(う、うつくしいぃぃ♡)

真鍋先生と団長によるモーツァルトのデュエットの練習。


この後コーラスの練習再開。

「Laudate Dominum」

「もろびとこぞりて」

「ひいらぎかざろう」(ニューバージョン)


以上の曲の練習を実施しました。


本来の冬の寒さが到来です。

しらさぎ台ドームは寒さ倍増でなかなか歌の練習も調子が出ませんでした。

これから本格的な冬、コンサート目指して風邪を引かないように練習頑張りましょう。

ではまた来週。

フラウリッヒ練習日記 2015年11月19日(木)

軽くウォーミングアップと発声の後即歌の練習開始。


本日の練習曲目。


「ひいらぎ飾ろう」

「もみの木」

 体調の悪い中途中でお越しいただいたピアニスト到着後

「ホワイト クリスマス」

「ジングル ベル」

「もろびとこぞりて」

「Ave Maria Ⅱ」

「A Clare Benediction」


 わんこ大将のおかげで、クリスマスコンサートのゴージャスなチラシと整理券も出来上がり、あとは本番に向けて歌の方を仕上げていくだけですね。

色々多忙な年末ですが、身体に気を付けて練習頑張りましょう。


ではまた来週。


フラウリッヒ練習日記 2015年11月5日(木)

11月になりました。

クリスマスコンサートまで2か月足らず。

コンサート用の曲の練習にも熱が入ってきました。(いつも熱血指導ですが・・)

 

本日の練習曲。

 

「神の御子は」

「荒野の果てに」2曲とも日本語。

 

「Ave Maria」(Dubra)

   以前演奏した曲です。短いけど苦しい。思い出す程度に軽く通しました。

発声についてコメント有り。(本日一番?ツボにはまったコメントでした)

「普段から発声に気を付けて歌わんと、50,60になったらいい声で歌えんようになるんよっ!(怒)そんなん嫌やろ?」

「そうかぁ・・(50,60って)もう手遅れなのね私達・・・」と顔を見合わせたチャーミィ女史とソードマンでありました。

 

「Salve Regina」(Busuto)

じっくりと練習。

 

休憩をはさんで

「A Clare Benediction」、「永遠の花」(ともにRutter)

さらっと練習しました。

 

本日クリスマスソングの新しい楽譜が沢山配布されました。

来週までに製本しておきましょう。

まだどの曲を実際に演奏するかは未定だそうです。

 

では風邪など引かれませんように。

年末まで色々行事もありますが、身体に気を付けて過ごしましょう。

また来週。

フラウリッヒ練習日記 2015年10月29日(木)

本日の練習曲。


「Salve Regina」(Busuto)


「Laudate Dominum」(Mozart)

    ソロはフラウの誇るディーバのお一人I宮女史担当。


「A Clare Benediction」(Rutter)


「永遠の花」(Rutter)

  ソロはフラウの誇るもう一人のディーバK村女史担当。


少数メンバーでもソロやピアノ伴奏者のピンチヒッターの人材に事欠かないわが団って何気に凄いなぁと再認識。


今日はほとんどメモでした。すみません。

また来週。

フラウリッヒ練習日記 2015年10月22日(木)

秋晴れの日が続いています。


本日は真鍋先生ご指導によるトレーニングがありました。

 

その後歌の練習。真鍋先生もお付き合いくださいました。


「Laudate Dominum」(Mozart)

合唱の部分(42小節から)を階名で。その後Na~で。

さらっと歌詞の読みをしてから無謀にもソロの真鍋先生と加齢なる・・もとい華麗なる共演♡にちょっとだけトライしました。

クリスマスコンサート本番までにはまだまだ期間がありますので要練習です。

 

「永遠の花」(Rutter)この曲も途中からソロがありますが、真鍋先生に初見でお付き合いいただきました。歌詞は日本語で。

美声に聴き惚れていると出遅れます。ソロのメロディをかき消さないような音量でハミングすること。

 

真鍋先生がお帰りになってから、以下の2曲を練習しました。

 

「A Clare Benediction」(Rutter)

歌詞は英語です。

今日は階名で通しました。

 

「Salve Regina」(Busuto)

歌詞で分割しつつ通しました。今日練習した曲の中では一番こなれた感じですが、コンサートではオープニング曲になるようなので、暗譜必須だそうです。頑張りましょう。

 

本日は練習日記というより練習メモみたいな手抜き内容ですみません。


また来週。

フラウリッヒ練習日記 2015年10月15日(木)

早いもので今年も残り2か月半。

猛暑日だ、熱中症だといっていた時期から紅葉の季節にひとっとびというか・・・ワープしたような唐突の練習日記再開です。

長らくお休みしてすみません。ソードマンリターンズであります。


あわよくばこのまま自然消滅を密かに狙っていたのですが(内緒)・・・。団長にちくりと釘をさされ?ブランクが長かったのでこわごわの再開です。

おつむのリハビリを兼ねて?短めです。


思えば休止の間にお母さんコーラス県大会に合唱祭、全国大会のひまわり賞ゲットと楽しい北海道♡及び台風ニモマケズの強行無事帰還等々・・波乱の日々がありました。


今年最後の団としてのイベント12月のクリスマスコンサートを目指して、週2に増えた練習に励むこのごろであります。


さて前置きが長くなりましたが、本日しらさぎ台ドームで練習。

ソードマン到着時(20分ほど遅刻いたしました(汗!))、皆さん円形になってY

井先生御指導の下、脳トレもといリトミック&ソルフェージュの絶賛レッスン中。

全音・半音の確認をしながらの音階の音取り等、バラエティに富んだご指導の数々をこなし、さらなる進化を目指すフラウのマダム達!


歌の練習開始。

「永遠の花」

最近集中的にいじられている(?)副団長N尾女史筆頭に全員カンニングブレスの取り方に注意する事と指摘あり。

フレーズの流れを切らないようなブレスの仕方を心がけましょう。

27小節からのハミングは(今のところ)「う~」でOK。41~43小節はrit.がないのでテンポが遅くならないように。


「Salve Regina」

分割しながらじっくりと。歌詞でパート別にやっては全員で合わす・・の繰り返しで最後まで歌いました。

34小節からの8分音符は3連符にならない様注意しましょう。

45小節のechoの指示は(こだまのように)少し弱く。


「みえない手紙」

短い残り時間でさらっと通しました。

やさぐれソードマンには、この曲は別れた元彼(もしくは元カノ)に送る未練たらたらの心のお手紙のような、かなりウェットなイメージしか思い浮かばないのですが・・。ロマンがなくてすみません。メロディは美しいですけどね。


というような身もふたもないコメントを最後に、本日の練習日記終了します。

ではまた来週。



フラウリッヒ練習日記 2015年7月16日(木)

台風11号猛威を奮いました。皆さん大丈夫でしたか?

ソードマン隊員がお休みで、自動的にお休みになっていた練習日記、北海道へ向けて書かねば!ということで今回は、「指揮者のぼやき」!?

 

怒濤の6月が終わって、7月もはや半ば、おかあさんコーラス全国大会まで1ヵ月となりました。今シーズンのラトビアシリーズ、暗譜の心配もなく、やっと掘り下げられるところまでこぎつけました。

今回のシリーズの目標は、ひとつは「ラトビア」という国に興味をもってもらうということ。音楽は世界共通、言葉が分からなくても伝わるものがあります。実際、知らない言葉を歌うことによって、より伝えようという気持ちを育てよう、ということです。日本語を日本人に伝えるのも難しいものです。ラトビア語に私たちの思いを込めたいものです。それは、発音の問題だけではないはず・・・・。ぜひ、ラトビアの写真や、本、番組をたくさん見て下さい。知らないものを伝えることは難しいです。私たちが歌った歌で、聴いて下さる方に、ラトビアという国へのイメージが膨らんでくれるといいな。

もうひとつの目標、「息で歌う」ということ。こだわって聴いていると、息の姿ははっきりと見えるものです。ブレスの深さ、出そうとしている方向、色、送っているスピード・・・。これがそろっているとすべてがうまくいく、、と思います。フレーズです。言葉をつける前にこれをそろえたい・・・・、と、真鍋先生にお力を借りて、7月中はトレーニング&発声を強化したいと思っています。早速今日の「エイヤー」には成果が出ましたね!曲のイメージを揃えるのも大事なことですが、テクニックを同じにすることでかなり解決できると思います。トレーニングは、テクニックを実現するために必要な体の準備です。

 目的をもったフレーズ、息の姿は美しいものです。歌だけでなく、ピアノやオーケストラの音にも見えます。それが、見えない時、、、それは意味なく音を出しているように感じます。人の心を動かすには、必要なことです。

 

 さて、今日の練習に戻ります。

Pūt Vējiņi

トレーニングした息の流れで、ZUで練習、最後に言葉で歌いました。本番では、U2回、1番を1回。離れた場所に立つ→ステージ外に向かって歌う→Ieviņa の並びに集まる。 1:20目標

 

Ieviņa

Naで全体を歌いました。ハーモニーに注意してよく聴いて歌えた思います。13小節、28小節、40小節の前のアウフタクトの音は、次の拍子、調性の始まりの音です。よく(次のフレーズを)準備をして歌い始めましょう。8分の6拍子のリズムがモールス信号にならないよう!(息の流れ、スピード!)

 

Mīstat linus, mīstītāji

これが問題!指揮者にできることはテンポを示すことだけかも知れません。練習の段階では、各自が拍子に合わせて歌うこと。(響き、言葉ともに)現在の状態では、まずこれがあまりうまくいっていません。逆にこれさえできていれば、おもしろい曲。パート練習強化ですね。言葉を入れると、拍子や、響きが乱れます。ぜひ、普段の生活の中で、ブツブツやって下さい。歩きながら、踊りながら・・・、言葉とリズムと音とを自分のものに!

 

今週中に並びを何とかしようと、考えています。あわせて、指揮のスタイルも研究します。がんばりましょう!では、火曜日、木曜日とも、真鍋先生トレーニングありです。


フラウリッヒ練習日記 2015年6月4日(木)

前回と前々回の練習日記をパスしてしまいました。すみません。


前々回5月21日は東京遠征前でばたばたしていて先送りしていたら、本番のラトビア音楽祭の感動とその後のハードな東京観光等の影響で、賞味期限が過ぎてしまって一回パス。前回はソードマン練習欠席につきパスでした。


さて14日のお母さんコーラス県大会まで今日を含め木曜練習はあと2回です。

ラトビア音楽祭出演で少し落ち着いてしまった?感があるのですが、県予選に向けて更に完成度を上げるべく最後の仕上げに頑張らねばなりません。


10:30声出し!の厳命にもかかわらず、ちょっと遅れたソードマン。到着時はドームにテープでマーキングして皆さん本番のステージでの並びで発声中。

本番は3列で臨むようです。


「Put vejini」

1回目ハミング(う~)、各自多方向を向いて。

2回目は1番の歌詞(ラトビア語)で。全員正面を向いて歌う。


「Ievina」と「Mistat~」をそれぞれ練習して休憩をはさみつつ2,3回全曲通して時間を計りました。

タイムは充分(でもないか?)余裕があるようです。歌う方の体力には余裕がないわ~。何回もは反復できません。(体力無しのソードマン・・)


本番は悔いの残らない様に歌いきれますように・・・。

団長は合唱祭の曲の練習もちらっとやりたかったご様子でしたが、本日はこれで終了。


(ちなみに合唱祭はラトビア音楽祭の合同演奏曲から「*%$#!&@*・・ぜーみー♪」の曲と「百万本のバラ」を演奏予定?との事です・・ひえ~難曲)


皆さん身体に気を付けて、万全の体調で本番に臨めますように。

ではまた来週。

フラウリッヒ練習日記 2015年5月14日(木)

5月にはめずらしい台風6号が通り過ぎた後、一気に気温上昇して真夏日の予報が出る地域が続々の日本列島。


本日の練習も10:15分開始。まずは集合して即ドレスリハーサルの予定と告知されておりました。

間に合うように出発したつもりが10分ほど遅刻したソードマン(泣)

ドームに入室したとたんに目にしたのは、ニュードレスにお着替え完了して整列したマダム軍団の華麗なるお姿・・まるでわさびの国の王女様達のようなドレスカラーが睡眠不足の眼にしみる・・。

(「ソードマンが~夜なべをして~すそ上~げ完了したよ~♪」という事で深夜作業に励んだのですぅ)


急いで着替えて隊列に参加して並びの調整やドレスの微調整についてのコメント等を出し合い、写真撮影終了。


ドレスを脱いで練習開始。


軽く柔軟、ストレッチ、発声の後20分ほどドームの中と外に分かれて、ソプラノ・アルトのパート別練習を実施しました。


ソプラノ側は団長の指導の下、「Ievina」、「Mistat Linus Mistitaji」の練習。

アルトパートも同様に。


ドームに合流して練習開始。

「Put vejini」

1番の歌詞で一回だけ確認のため?通しました。


「Mistat Linus Mistitaji」

まず一回通しました。

次に各パート速いパッセージで反復と掛け合いの部分を抜き出して重点的に練習。


何度も言われたことは「お仕事をするっ!」という事です。

お仕事に関する労働歌と言えば「よいとまけの歌」が思い浮かぶソードマンでありますが、この歌はもう少しドライというか、ヨーロッパ臭がするというか、そういう乾燥した気候での農作業の歌のようなイメージですかね・・?


何度も歌うとへとへとになりますが、おまけに疲れてくると滑舌も悪くなるし・・。

しかし本番はもうすぐそこです。暗譜もせねばならん。各自が完成度を上げていかねばなりませんね。


小休憩の後、「Ievina」の練習。

ぱるま~くあにゅ~・・etc.こだわりのハーモニーを追求する部分練習の反復でこれまたへとへとになりますが、この曲の目玉?は「胸きゅん♡」だそうで、出だしで聴衆の心を掴む歌い方が大事。歌詞の意味をよく把握して皆でイメージ統一して歌いましょう。


最後に一回だけ退出間を気にしつつ同演奏ステージⅠの②(結構難曲)を歌詞でさらっと通しました。


土曜日に高嶋先生の講習会があります。皆さん体調を整えて、本番前にいろいろ有意義なアドバイスをいただけるチャンスなので全員参加できるようにしましょうね。


では土曜日に。


フラウリッヒ練習日記 2015年5月7日(木)

ゴールデンウィークも終わり5月の初練習です。

連休明けの疲れた身体に初夏の日差しがじりじりと・・・


今日も10:15始まりです。


本日の練習曲は下記


百万本のバラ

合同合唱のステージⅠの①、②

Put,vejini

Ievina

MIstat Linus Mistitaji


以上。短くてすみません。

来週はドレスリハーサルです。

暗譜頑張りましょう。

ではまた来週。

フラウリッヒ練習日記 2015年4月30日(木)

初夏の陽気とはこのことか・・・。


最近の日本は春と秋がないというか、あまり感じられなくなってきました。

これも地球温暖化の影響か??

当然フラウのファッションリーダー達は春夏ファッションというか・・(ぶっちゃけ更年期で暑いだけじゃ?・・・げほげほ)


さて本日も10:15分始まりの練習日です。

今日はちゃんと自覚して早目に家を出たソードマンでありましたが、15分には間に合わず。(GW前で道路事情がいまいち読めん・・というか途中からずっと前を行く軽トラが40キロキープだったのよ~怒)


「言っとくけど、今日は10:15分始まりなのよね!」という団長のさりげな~いお言葉が傷つきやすいおばちゃんの胸に刺さる。


練習前に新ドレスに合わすアクセサリーの確認と各自のチェックで少し時間を取りました。

いつになく(?)時間的に余裕を持って準備万端の衣装。これでいつでもステージOKの状態です。手配して下さったメンバー、お世話になりました。


軽くウォーミングアップの後、「百万本のバラ」の練習。

階名で最後まで通したあと、サビの部分を歌詞で歌いました。

さらに後半の日本語歌詞の部分も練習。


ちゃんとした日本語歌詞をはじめて知ったソードマン。(サビの部分の日本語歌詞は聴いたことがあったのですが・・)内容的に若干引くというか微妙に痛いというか・・これって思い込みの強いストーカーちっくな歌詞?と不埒な感想を抱いたやさぐれおばちゃんであります。すみません。


「Mistat Linus,Mistitaji」

全員で合わす前にソプラノパートは廊下に出て、アルト・ソプラノ分かれて20分ほどパート練習しました。

その後ドームで合わせました。


アルトの「Ei,ja」の歌い方が各自違うので揃えるようにとの事。

ソプラノが上でちまちま歌っている底を支える低音の定常波みたいな感じで、私は好き~な部分です。


前回の練習で52小節からの旋律の繰り返しと強弱の件ですが、56小節から少し音量をおとすのはやめて、全体的に各パートがそれぞれcrec.とdim.をつけて全体的な曲の「うねり感」を出すか?という案が出ました。


歌詞の意味を把握して曲の雰囲気を考えて歌うこと。つーか、結構ひどい歌詞じゃない?(うまく仕事しないと沼の水飲ますとか石食べさすとか・・?)パワハラちっくな歌詞だな~と思ったソードマンであります。(歌詞に変なコメントばかりつけてすみません)


「Ievina」

何度か通しました。

母音を深めに発音する事。「い」は「お」寄りの「い」で。

休符はちゃんととる。

強弱記号に注意して、歌い上げる部分は各パート盛り上げて。


そろそろ歌詞の暗譜を。(M田さんは既に覚えたそうです。見習おうね~皆さん!←彼女若いもんな~ソードマン心の声)


では皆さん楽しいGWをお過ごしください。

連休明けは即練習日!

ではまた来週。


フラウリッヒ練習日記 2015年4月23日(木)

今日は真鍋先生のトレーニング日です。


ソードマン到着時には既に発声のトレーニング中。

発声に重点を置いた反復トレーニングを実施。


恥ずかしながら、あとで判明したことですが・・

本日の練習は10:15分開始だったようです。((゜o゜))

いつもの開始時刻だとまったく疑いもせずに遅刻したソードマンでありました。

私だけではなかった様ですが、皆さんフラウメールはさらっとじゃなくてじっくりチェックしましょうね~(自戒を込めて)


トレーニング終了後歌の練習。真鍋先生もお付き合いくださいました。

「Ievina」

27小節から開始。

強弱の変化とdim.の後の(30小節)緊張感のキープを。そうすれば下降形でもピッチが下がりにくいとの事。

冒頭とラストの部分は2丁目広場でのアルト、ソプラノのパート別練習日にじっくり取り組むという事で割愛。

 

「MIstat Linus, Mistitaji」

一回通しました。

歌謡のアルトパートの練習の成果が反映されてか、アルトパート好調。


メロディを歌うパートは上昇形でcrec.下降形でdim.を意識して、メリハリをつける。

36小節からのアルトの旋律は言葉の輪郭をはっきりと。もう少し(mf)強めに出してOK。

52小節から54小節はf、60小節からの3回目のフレーズは少しおとす(mfでエコー的な扱い)。60小節から再度fで63小節までキープ。


音量はUPしても身体はやわらかく息の流れを意識した発声で。

64小節からは母音のつながりを滑らかに。


曲全体を通して歌詞のどの部分にアクセントがつくのか注意して歌うこと。



最後の合同ステージの曲(Ⅰー③)をさらっと階名で歌いました。


明日はソプラノパート練習があります。(2日連続はきついぜ・・←本音?)

本番まで一か月になりました。

各自自覚を持って頑張りましょう。

ではまた来週。


フラウリッヒ練習日記 2015年4月16日(木)

ラトビア音楽祭まで1か月足らずです。

本日の練習日記、超短縮版(ほとんどメモ書き・・)です。手抜きですみません。


軽い準備運動と発声の後歌の練習開始。


まず「Put,vejini」

2,3回通しました。8小節しかない曲の反復ですが、日本語の微妙な歌詞もついておりますね~。とにかく1番の歌詞は暗譜して何度か通して終わりました。

この曲聴くと、「海ゆかば」をイメージしてしまうソードマン・・。(私事ですがあの曲好きなんです~(歌詞はともかくメロディが・・))

お母さんコーラスに使う予定?


「Ievina」と「Mistat Linus Mistitaji」

途中でアルトとソプラノに部屋を分けて2か所で個別にパート練習の時間も取りました。

前者はピッチ、後者はリズムが(他にもあるけど)問題だ・・。

疲労してくると滑舌も悪くなるし、なかなかうまくいきませんがびしっと縦のラインが揃って畳み掛けるように最後まで疾走感をキープできれば歌っていて爽快なのですが・・・。要練習です。


皆さん自覚されておられると思いますが、少人数の団であることはいかんともしがたく、一人一人が責任を持って取り組まないといい仕上がりにはならないですよね・・。欠員が出たりしたら即危機的状況になるし。とにかく皆さん健康に気を付けて皆で揃って音楽祭のステージ目指して頑張りましょう。


ではまた来週。

フラウリッヒ練習日記 2015年4月9日(木)

朝夕結構冷え込む日が続いています。いわゆる花冷えの日々ですね。


今日は真鍋先生のトレーニングあり。

遅刻したソードマンが到着した時には、皆さん仰向けになって息を吐きつつ足を左右に動かして身体をねじる運動をされておりました。

その前に足上げ50回実施されたようです。


その後身体に息を流す練習。今日は呼吸法と発声を重点的に教えていただきました。


歌の練習は「Ievina」と「Mistat Linus Mistitaji」最後に少しだけ合同ステージ1の曲①をさらっと歌いました。


「Ievina」は母音でパート別に区切って何度も反復練習。

声を出すポジションについての注意がありました。ポジションを意識して発声すれば音が下がりにくいとのこと。

声の出し方はアルトパートの方がGOODだそうです。(ソプラノは本日けちょんけちょんの評価でして・・・泣)


「Mistat ~」は拍頭の強拍を意識して。違う拍を強調しないこと。

リズムとテンポは一定速度をキープして。後半は相変わらずカオス気味ですが、最初の頃よりは展望が見えてきたか?


来週からは週2の練習です。

各自パソコンメールで発音詳細が送られてきているようですので、チェックしておきましょう。


ニュードレスも届きました。マダムE川お世話になりました。


微調整の手配はGW明けくらいまでに各自でするようにとの事です。せっかく早目に手元にドレスが届いているので本番前にばたばたしないように余裕を持って準備しておきましょう。


ではまた来週。

フラウリッヒ練習日記 2015年4月2日(木)

4月です。日中は初夏の陽気の日が多くなりました。

全国各地で桜の満開宣言が出されております。

しらさぎ台に上ってくる坂道の沿道の桜も咲いていました。


さて本日の練習は前半ドームに机を並べてお勉強タイムというか、音楽祭の合同合唱曲の歌詞の読み(発音)のチェックを行いました。


各曲の歌詞一覧の単語の読みを団長の指示に従って各自書き取り。

和気藹々と進行していったのはいいのですが、ソードマン途中でプチ切れいたしました。(ブチでなくてプチですが)大人げないとは思ったのですが、忍耐の限界が・・。


皆さん、たとえばですよ(あくまで極端な”たとえば”・・ですが)、センター試験とかのリスニングで、音声の後にいろいろ復唱する人がいたら困りません?

ソードマンだけかもしれませんが、結構集中して聴いている直後に別のこと言われると記憶が上書きされるというか、頭の中が区分編成ファイル化されていないソードマンの場合、顕著な弊害が出るのです。

というわけで文句をつけてしまいました。気分を害された方々おられましたらごめんなさい。でも誰かが発言してるときには黙って聞きましょうね~


合同合唱曲の歌詞の読み仮名付け終了後、「Mistat Linus Mistitaji」の歌詞のリズム読みの練習を集中的に実施しました。

Y井女史の電子メトロノーム音と手拍子の基本拍に合わせて、各パート自分のリズムで机をたたきつつ歌詞のリズム読みを何度か繰り返しました。


途中一拍を3分割、4分割に分かれる部分からテンポが速くなってくるので注意する事。

最初から最後までテンポは変わらずです。各自家で要個人練習との事でした。


机を元に戻し、椅子を並べて本来の歌の練習。

先に極々軽くストレッチや発声をしてから「Ievina」の練習開始。


「な~」や「の~」や「あ~」で歌いました。

前半2段目まででこれでもかっというくらいダメ出しが出て反復練習。

歌い出しとかピッチの問題とか声の向きとかいろいろ注意事項がありました。

(なかなか進まない・・)

身体の支えを意識してピッチを保つよう努力しましょう。


前半のページを通した後、合同合唱曲を軽く練習しました。

すべて初見の曲なので階名でさらっと通しました。

曲の雰囲気は把握できたかな・・と思います。(これ楽譜持ち可ですよね?暗譜だとやばいけど・・)


次回練習までに今日発音チェックした合同合唱曲の歌詞を各自楽譜の方に書き込んでくること。

本番まであと2か月足らずです。


ではまた来週。


フラウリッヒ練習日記 2015年3月26日(木)

3月も残りわずかです。


昨日母校の応援参加のため甲子園にはせ参じ、アルプススタンドで超ハードな応援ブラスバンドの一員として参加してきたソードマン。くたくたです。でも歴史的勝利にライブで立ち会えて幸せでした♡(明日のコーラスの練習のため、ここで叫んで声をからしてははいかん!と一応は自粛モードだったのよ~)


さて本日も前半は2部屋に分かれてアルトパート、ソプラノパートでそれぞれパート練習をしました。

んん?ソプラノにニューフェースか?クレヨンしんちゃんが速攻食いつきそうな「きれいなおねいさん♡」がおられました。

新入部員かと思いきや本日限定、春休み中でお母さんについてこられたM田さんのお嬢様でした。(残念)


「Mistat Linus Mistitaji」と「Ievina」のパート練習。

前者は歌詞が何とかついたので順を追って練習。

後者は階名で練習。


定刻が来て全員合流。

「Mistat Linus Mistitaji」

歌詞で何とか最後まで通しました。

規則的なリズムを刻みながら各自練習する事。

テンポは一貫して。


「Ievina」

全員で歌詞の再確認を実施した後通して練習しました。

調の変わり目や下降形のフレーズの音に移る時に音が下がり気味になるので注意する事。


5月のラトビア音楽祭の全体合唱の曲はまだ手つかずですが、来週あたりから?練習する予定。

お母さんコーラスにはもう一曲追加がある?らしい・・・。


色々多忙な春のこの時期ですが、音楽祭まであと2か月。練習回数もそれほど多くはありません。一回一回を集中して充実した練習時間になるよう頑張りましょう。

ではまた来週。

フラウリッヒ練習日記 2015年3月19日(木)

桜の開花予想がニュースで取り上げられるようになりました。(開花はまだ先ですが)

暖かくなるのはありがたいのですが、花粉症の症状も顕著になってくるのは閉口です。


本日所要で少し遅れたソードマンが到着した時は、先週と同じく既にアルトとソプラノに別れて別室でパート練習の最中でした。

 

ドームの方のソプラノパートは先週と同じくチャーミィ女史の指導の下、「Mistat Linus Mistitaji」の歌詞を付けた練習を実施。

「こんな歌い方では、絶対団長に『あ~んなこと』や『こ~んなこと』を指摘される!」とチャーミィ女史のジェスチャー付きで注意あり。

曲を分割しつつ進めていきました。

一拍が3と4に分かれるリズムにちょっと(かなり)苦戦しました。拍を刻みつつテンポをおとして合わせました。

先週の見解と同様、とにかく我が道(=自分のパートのリズム)を死守して歌い切るほかありませんね。頑張りましょう。

 

「Ievina」

この曲は階名で。

最後まで通しました。

以前歌ったことがある曲です。やっと少し思い出してきたか・・・?微妙なハーモニーのキープが難しい・・。

 

定刻になりアルト合流。

先にコーヒータイムでのどを潤してから練習再開。


「Mistat Linus Mistitaj」

アルトの「えい・や~」に支えられて上のパートも歌詞で挑戦。

一部がたがたになりましたが、先週よりは曲の形が見えてきた感じ?

5月までに間に合うのか…(暗譜だしね~)要練習です。

 

「Ievina」

母音で通して合わせました。

音が下がらないように注意する事。曲想がかわる箇所でよく下がります。

 

4月に入ると週2で練習強化も図られるようです。

何かと行事が多くて忙しい春先ですが、5月のコンサートに向けて練習に励みましょう。

 

さて、最後に一言。

このところメンバー各位、新たにおばあちゃんデビューしたり、花嫁の母デビューしたり・・とおめでたい話題目白押しですが、その度にマシンガン掃射のようなline トークのスタンプの嵐・・。(わかる人にはわかる・・)

恐るべし!おばちゃん達の素早い反射神経!(\(◎o◎)/!)

 

ではまた来週。

 

フラウリッヒ練習日記 2015年3月12日(木)

3月2週目です。寒さも大分緩んではきましたが、朝夕はまだまだ寒いです。

 

本日はフラウメールで予告があった通り、まずしらさぎ台練習会場に集合したメンバーから順次和室でニュードレスの丈合わせを実施です。

 

ソードマンはオンタイムで到着したのですが、駐車場は一杯(一瞬集合時刻間違えたか?と思ったわ~)で、既に和室は東京ガールズコレクションの控室ならぬ、しらさぎ台マダムコレクション♡の控室と化しておりました。

 

喧騒の中無事丈合わせを終了し、和室にアルト、ドームにソプラノと分かれて1時間ほどパート練習開始。

 

練習するのはもちろん問題の(?)「Mistat Linus Mistitaji」です。

ソードマンはソプラノなので冷え冷えしたドームの方に移動しました。

ソプラノメンバーはピアノの周りに集まって、チャーミィ女史の指導の下「たたたたた~♪」で歌って進めていきました。

 

和室の方から漏れ聴こえてくる、歌詞で歌うアルトパート(おお~チャレンジャーじゃ)の歌声をスルーして、ソプラノは謙虚に「たたたたた~♪」で練習。

曲を分割しつつ一応全曲通しました。

 

この曲はとにかく我が道(自分のパート)を正確なリズム(←これ大事!)をきざみつつ突き進むしかありません。途中でつまずくとメロディラインに復帰できんし・・・。

びしっと縦のラインが決まって最後まで突き進めばとってもかっこいい曲なのですが。最後の「エーヤー」のグリッサンドと絶叫(?)でカタルシスを感じられる境地に到るくらい、頑張って練習しましょうね~。

 

パート練習終了後、アルトパートもドームに合流し、合わせました。

パート練習の成果もあり、少しはこなれてきた感じです。

 

歌詞の読みも最後までチェックしました。各自来週までにマイ楽譜に書き込むなりの作業をしておくこと。

 

もう一曲のラトビア曲「Ievina」も練習しました。

何名かは過去に演った事のある曲ですが、悲しいかな「忘却とは忘れ去ることなり・・・」を痛切に実感する羽目になっております。(過去に歌った頃は平均年齢も低かったもんね~)

まあその分円熟度の増した歌声とハーモニーで勝負できるよう頑張りましょう。


3月、4月と卒業・入学シーズンで何かと気忙しい時期ですが、5月に迫った音楽祭のステージ目指して、各自頑張って練習しましょうね。

季節の変わり目、皆さん体調にお気を付け下さい。

 

ではまた来週。


フラウリッヒ練習日記 2015年3月5日(木)

    一宮保育園出張演奏会レポート

今日は本来ならば練習日なのですが、かねてからの予定通り一宮保育園での演奏会本番の日です。

練習日記特別版(?)として、当日の様子をご報告いたします。


晴天に恵まれましたが、最高気温は天気予報では一桁だそうで、朝も結構冷え込んでいました。

初めての場所なので、事前リサーチも念入りに実施し、早目に家を出たソードマンであります。

目的地付近で前を走行するわんこ大将のお車を見つけて、道を間違えてなかったことに安堵いたしました。

予定より早めに到着。わんこ大将は「5分で着いちゃった~」とおっしゃっておられました。(ソードマンは60分かかった・・(-_-;))

河川敷の駐車場へ降りる坂道&急なクランクに苦戦しつつ何とか無事に駐車完了。


その後続々とメンバー到着。各自見事なドライビングテクニックで土手から転げ落ちることもなく無事駐車場へ。


かわいい飾り付けのされた保育園の会場に入り、きれいにセッティングされた小さなチェアーの数々(小人さんの椅子みたい♡)に我が子の幼児時代を思い出して感慨ひとしお・・。


開演時刻前に少し練習をしました。

プログラムの前半曲とトトロメドレーのフォーメイションの確認等を行いました。


そうこうするうち、カメラスタッフが登場。ケーブルTVの方だそうですが、「聞いてないよ~!!」(\(◎o◎)/!)って感じでちょっと(かなり?)緊張感が走るメンバー達。(「もう~、TV仕様のメイクじゃないのにぃ」(某メンバー達の心の声代弁?))

まあ来ちゃったもんは仕方ない。私の住む地域では映らないもんね~。


事前練習終了して控室に移動。

園児や先生方、お客様が会場に入られて着席され、廊下に整列したフラウリッヒ入場です。


団長のご挨拶。

さすが某幼児教室のカリスマ講師、難なくガキどもを手玉に取り・・げほげほ・・もとい流暢なMCで子供たちの心を掌握。つかみはばっちりOKです。


プログラムにそって演奏会開始。


「ピクニック」の曲の動物の鳴き声の部分は会場の園児たちに一緒に歌ってもらい大いに盛り上がりました。


曲間のMCで「お姉さん方と一緒にうたってくださいね~」って・・(゜o゜)

この後も何度か聞いた「お姉さん・・」のフレーズに密かに羞恥心にさいなまれる謙虚な真正おばちゃんのソードマンでありました。

次回からはせめて「お姉さん」にしません?


「トトロメドレー」では最強ジブリキャラ&ソングを再認識。園児たちも一緒に歌ってくれました。

葉っぱ隊、キャライラストうちわ担当メンバーご苦労様。

(「友達たくさん~♪」で振り付けフライングした約2名(ソードマンは見たっ)盛り上がってたのでノープロブレム♡)

「手のひらを太陽に」この曲も園児たちと合唱。

「花は咲く」サビの部分を一緒に合唱。


楽しく全プログラム終了。

なんとアンコールをしていただき、「ピクニック」をもう一度皆で合唱。

園児たちも立ち上がって足を踏み鳴らし、のりのり(某団長が一番のりのりだった?)で歌い終えました。


最後にサプライズで年長さん手作りの”ゴージャスなカラフル(ペーパー)ネックレス”をプレゼントされました。


フラウメンバー一人一人の首に園児の手からネックレスをかけてもらい超感激。

老人ホーム慰問の園児に首飾りかけてもらうお年寄りの気持ちがよくわかりました。

記念撮影後退場。


演奏中もずっと熱心に聴いてくださって大変気持ちのいい演奏会に参加させていただきました。

某メンバー曰く「癒された~♡」

まさにその通り!楽しかったです。


この後別会場に移動して総会&昼食会。

内容は団外秘につき割愛です。


本日の演奏会でチャージした癒されパワーでラトビア曲の制覇目指して練習に励みましょう。

ではまた来週。


フラウリッヒ練習日記 2015年2月26日(木)

三寒四温とはよくいったもので、真冬の冷え込みの日もあれば3月下旬や4月の陽気と報道される日もあり、身体がついていかない感じです。

我が家の庭の梅の花は満開になりました。


寒がりソードマンとしては暖かくなるのは歓迎なのですが、黄砂や花粉、おまけに最近話題のPM2.5の影響が本格的になるのは願い下げだなぁ・・・。


さて本日のトップニュース!

新入団の方がいらっしゃいました♡

勇気あるチャレンジャー精神(?)に脱帽です(←もちろんブラックじゃないジョークですので、スルーしてね♡)

以後宜しくお願いいたします。


来週に迫った保育園での演奏会を控えての最終練習です。

当日のプログラムを順を追って練習しました。


「早春賦」

「どこかで春が」

「春が来た」

「春の小川」

  各曲前奏や間奏に注意する事。

「ピクニック」

  ♪ララララララ あひるさん「ガガガガァ~」(わんこ大将CV担当)

  ♪ララララララ やぎさんも「メェ~」(チャーミィCV担当?←欠席裁判)

  の代わりに

  ♪ララララララ あひるさん「アフラック~」

  ♪ララララララ やぎさんも「(あんしん)せいめぇ~」

  と歌えば受けるかも~(^_^)/とか不埒な妄想にふけったソードマンでした。

  

  が・・・、しかし、前者はあひるならぬスワン、後者はやぎじゃなくてひつじ

  でしたねぇ。

  残念!グッドアイディアだと思ったのに・・。

「手のひらを太陽に」

  「ピクニック」と同様テンションが低い!と指摘有り。(某団長のテンションは次元が違うので真似はできませんが、できるだけフットワーク軽くを目標に?努力しましょうね~)


「花は咲く」

   伴奏つきの曲はここまで。

次にアカペラの曲の練習。


「花」

  本日いらして下さった真鍋先生のご指導を受けて全曲じっくりと通していきました。

メゾの主旋律に対する「ララ・・」の対旋律の部分、ビートをそろえて前に出す感じで歌うこと。もっとしっかり出してOKとのことです。16分音符を意識して。

ア母音を明るめに歌うこと。「なーがめーをーなーにーにー」(57小節)は16分音符の「が」が暗くなりがちなのでエネルギーを抜かずにcresc。

テヌートやスタッカートの付いた音の表現の変化にも注意して。


「トトロメドレー」

わんこ大将製作♡のトトロキャラのイラストボード(うちわ?)を担当のメンバーと増員された葉っぱ隊を含め、2列横隊で途中前後入れ替わりつつ歌います。

少々歌詞やメロディがやばくても笑顔をモットーに?明るさを忘れずに楽しく歌いましょう。もちろん動くので暗譜必須です。


「Arvien vel sirds」

一回通しました。その後前半だけ歌詞の発音にこだわって少し重点的に練習。

この曲は保育園の演目からは除外となりました。


保育園の演目を一応おさらいした後、お母さんコーラスの候補曲

「Mistat Linus Mistitaji」

のラストの6部に分かれた部分を「たたた・・」でパート別に歌いました。その後2パートずつ、全パート合わせたりと何度か挑戦。

欠席者もおられたので孤軍奮闘のパートもありーので、なかなかカオスな出来栄えでした・・・。この部分だけ、歌詞の読みを確認しました。同じことを反復して言っているので覚えやすいとは思いますが、細かく刻むリズムのパートは滑舌に苦労するかも・・・。とにかく要練習です。


では来週は会場に現地集合。集合時間9:30です。(大丈夫かソードマン・・)

演奏会の後、総会実施予定です。

皆様楽譜(歌詞カード等黒ファイルか黒表紙のもの)もちゃんと整備して本番に臨めるようにしましょうね。

衣装チェックも忘れずに。(アンコンのスタイルです。現地のスリッパが嫌な人はマイ上靴持参のこと)


ではまた来週。


フラウリッヒ練習日記 2015年2月19日(木)

2月11日のアンサンブルコンテストも無事終了しました。

12日の練習はお休みだったので、少し間が開いて練習再開です。


今日は3月5日の保育園で歌う(予定の)プログラムのおさらいをしました。


早春賦

どこかで春が

春が来た

春の小川

ピクニック

手のひらを太陽に

花は咲く

翼をください

トトロメドレー

Arvien vel silds(歌うんかいな・・・(-_-;))


翼をくださいは割愛の模様。

トトロメドレーは定演でやった曲ですが、各自自分のパートまで忘れていたりして・・。頑張って思い出しましょう。


あるびや~ん♪はせっかく覚えたし、ラトビア言語脳の活性化持続?のためにもやるそうです。


ほとんどの曲は歌詞カード見ながらピアノ伴奏でユニゾンが多いですが、合唱団の実力のデフォルトというか標準装備の歌唱力?が試されるようなポピュラーな曲のオンパレードですから、気を抜かずに真摯に取り組んで歌いましょう。


その後、お母さんコーラスの候補曲「Mistat Linus Mistitaji」の最後の部分のパート分け(一応の)をあーだこーだ言いつつ実施してから、「たたたた・・・」で少しだけ歌ってみました。


何年か前に合唱コンクールで歌った曲ですが・・(あのころはメンバー数も今より多かったし、とにかく若かったよな~)

現状の人数で6部に分かれるデインジャラスな挑戦ですが、うまくはまればやりがいのある曲です。頑張りましょう。最後の部分の音取りが宿題となりました。


底冷えのするような寒さは大分緩和されてきましたが、まだまだ寒い2月です。

皆さん体調に気を付けてお過ごしください。

ではまた来週。


フラウリッヒ練習日記 2015年2月5日(木)

2月になりました。

もう2015年も12分の1終わったのだ・・・。

 

来週はアンコン本番です。

いまだに完全暗譜とは胸を張って言えないソードマン。カンペならぬチラ見用の楽譜を用意するか否かハムレット並みに(オーバーな!)絶賛お悩み中であります。(悩めるおばちゃんは私だけではないはずだ)

 

本番前の最終練習。

ウォーミングアップに続く発声練習の途中で、いつもの立ち位置とは別の位置に各自シャッフルして並びました。

普段とは違う周りの声を聴きつつ歌う?練習だそうです。

 

元気一杯アルト方面に遠征したソードマンでありましたが、その後N尾女史のお隣に派遣されて「All things bright and beautiful」の練習。

 

パートが混在した位置でしばらく練習しました。

曲の中間部はメゾ、ソプラノ、アルトの順にパート毎にワンフレーズ歌ってから全員で合わせるというように少し変更がありました。

本番間違えないようにしましょうね。

 

その後もとの位置に戻って、残り2曲を練習。

 

「Arvien vel sirds」

暗譜完璧なメンバーもおりーの、はなから楽譜持つ気満々のメンバーおりーの、その間でどうしようか悩む私のようなメンバーおりーの・・・の現状ですが、楽譜持つにしても首っ引きにならないように気を付けましょう。

本日もこの曲をメインに練習。


「Ave Maria Ⅱ」

クリスマスコンサートでやったので、暗譜はOKだけど、何気にピッチが不安定になる危険性大の曲です。最初の曲なので緊張感もありますし、ピッチに注意しましょう。

 

最後にさらっと通して終了。

風邪が流行っております。体調に気を付けて本番頑張りましょう。

 

では11日に!

 

 

 

 

 

 

 

フラウリッヒ練習日記 2015年1月27日(木)

一月最終練習日。

アンコンまで火曜も入れて後3回。

 

すみませんが今日の練習日記は、練習メモみたいな超手抜きです。

 

ウォーミングアップの後、まず鬼門の

「Arvien vel sirds」

大分なじんできましたが、完全暗譜の道は険しい…。(私にとってはですが・・・)

この曲の練習にいちばん時間をかけました。

 

「Ave Maria Ⅱ」

「All thinngs bright and beautiful」

ラトビア語で四苦八苦した後で、なかなか英語モードに切り替わらないマイロートル頭脳です。

 

とにかく本番まで風邪を引かないように。

体調を整えて暗譜もできる限り頑張りましょう。(自戒を込めて・・・)

 

ではまた来週。

フラウリッヒ練習日記 2015年1月22日(木)

朝から雨です。寒いです。

 

ラトビア語の正式な歌詞の読み方、発音、意味も判明し、演奏の動画も提示されました。資料というか理論武装完璧状態です。後は実践あるのみですが・・・

 

ストレッチ、脱力、すーずーざー、軽い発声等のウォーミングアップの後歌の練習開始。

 

「Ave Maria Ⅱ」

テンポが遅れ気味になるので注意。

歌い方が子供っぽくならないようにする。

 

「Arvien vel sirds」

さあ!お勉強タイム!↘↘↘

「なー」で通したあと、分割しつつリズム読み、歌詞で歌う・・の繰り返し。

何とか最後までたどり着きましたが・・・。

曲のこなれ具合に個人差が顕著になってきています。

これはメンバー各位の練習量の差というよりも(それもありますが)『覚悟』の差でしょうね。

あきらめて楽譜を持つか?いや持っても小さい字は見えない→覚えるしかない?という決死の『覚悟』?

「死ぬ気でやらんかいっ」(怒)(某団長の心の声代弁?)ひぃ~(@_@;)

 

最後に「All things bright and beautiful」を2,3回通して終了。

 

残り少ない練習回数、オーバーロード気味のマイブレインの記憶野。。。

とにかく健康に気を付けてアンコン本番目指して頑張りましょう。

 

ではまた来週。

 

 

フラウリッヒ練習日記 2015年1月15日(木)

今日も寒いしらさぎ台。

迫りくるアンサンブルコンテスト・・・。


1月も半分過ぎました。


超軽いウォーミングアップの後、早々と2曲目のラトビア語の歌詞と対峙。

用意されたプリントとにらめっこしつつ、とにかく最後まで歌詞の読みを確認しました。

youtubeの動画を視聴したメンバーの意見も参考にしつつ、発音プリント第一稿目と首っ引きで歌詞の読み(発音)の推敲を・・。


近日中に専門家からの情報が入手できるとの事です。

う~~~~ん・・・・

本番までに覚えられるのか?

危機感を感じつつ各自何とか最後まで読み仮名付け完了し、軽~く歌ってみましたが、前途多難です。


大分煮詰ってきたので他の2曲を歌って本日の練習終了。


ぼやいてばかりもいられませんが、相当の覚悟と努力をしないとラトビア語の歌詞の暗譜は無理かと・・。(ちょっとくじけそうなソードマン)

四か国語(ラテン語、英語、ラトビア語、もちろん日本語標準装備♡)を操る合唱団への道のりは長くて厳しいのであーる。


普段使わない脳の領域に結構負荷がかかったので、別の意味で疲労感の残る練習でした。日記も超短い!(すみません)


ではまた来週。


フラウリッヒ練習日記 2015年1月8日(木)

謹賀新年!

 

年明け早々のつらい出来事もありましたが、湿っぽいムードは元遠隔地会員様も望んでおられないと思います。(詳細は掲示板参照!)

残された我々は健康で歌える喜びを改めてかみしめつつ、(自分の体力と相談しつつ?)精進していきましょう。

練習日記の熱心な読者様が一人減ってしまってとても残念ですが、今年も頑張って(できるだけ遅れない様に?)UPしたいと(一応)思っていますので皆様宜しくお願いいたします。

 

色々対外行事の多い一年になりそうですが、今年もメンバー全員力をあわせてこなしていきたいですね。お互い健康に気を付けて頑張りましょう。

 

帰国中のバリモア女史、念願の「落葉松」お預けとなってしまいましたが、次回のお楽しみという事で・・。お会いできて嬉しかったです。(いつか観たい!フラウのリアルこまどり姉妹もといザ・ピーナッツ♡)

 


さて寒い寒いひえひえしらさぎ台ドームで本年の初練習です。

 

ウォーミングアップ、発声の後アンコンの曲についての発表あり。

下記の3曲に決定です。

 

「Ave Maria Ⅱ」( Dubura)

「Arvien vel sirds」(Barisons)

「All things bright and beautiful」(Rutter)

 

じゃーん!歌詞はラテン語にラトビア語に英語です。

アンコンは2月11日。ノーコメントです・・・

 

「Ave Maria Ⅱ」

クリスマスコンサートでやった曲なので暗譜はOK。

2,3回通しました。

 

問題の?「Arvien vel sirds」

まず階名でさらっと通しました。

 

その後、いよいよ配布されたれたラトビア語の発音の規則についてのプリントと首っ引きで各自四苦八苦しつつ16小節目まで読み仮名付けに専念のお勉強タイム。

(よみがえる過去の”悪夢”の日々・・・あのころはもうちょっとヤングで頭の働きも記憶力も今よりはよかったか・・?)

仮名をふったところまでとりあえず歌詞で挑戦。

これ無事に暗譜できる自信がないわ~・・

 

各自プリントと照らし合わせつつ動画等チェックしてとにかく次回までに最後まで読み仮名をふってきましょう。(みるぽん女史が最適なyoutube動画を見つけてくださってます!)

とりあえず?アンコンは「なーんちゃってラトビア語♡」でも誰もわからないけど?5月の音楽祭にはネイティブの方も聴衆におられるだろうし・・・心して取り組まねばなりません。

 

最後に「All things bright and beautiful」を歌って練習終了。

 

今年の初練習、上記の様に波乱の幕開けです。

早速のイベントその1、アンサンブルコンテストが来月に迫っています。

風邪に気を付けて練習に励みましょう。

 

ではまた来週!


フラウリッヒ練習日記 2014年12月18日(木)

『爆弾低気圧』という物騒な名のついた低気圧の影響で、日本列島が冬の嵐のまっただ中に・・・。

徳島も例外でなく、冷え込んでおります。寒いっっ

わんこ大将製作のラブリー・チャーミィな雪だるまのお写真のアップでlineトークはスタンプの嵐でしたが、雪や風の深刻な被害が列島各地で出ております。


昨日よりはやや冷え込みが緩んだ感がありますが、とにかく強風。吉野川大橋を車で通過しつつ風にあおられそうになりました。


さて本日本番前の最終練習です。

当日の会場であるクレメントチャペルに11時集合(と思っていたのはソードマンだけだったらしく?(声出しが11時だった模様・・))既にチャペル内でウォーミングアップ中のメンバー各位・・。

真鍋先生が来てくださいました。


強風にあおられてチャペル入口の扉がバタンバタン出す音にもめげず、歌の練習開始。

本番仕様の2列のフォーメイションで。

「Ave Maria」(Arcadelt)

オープニングの曲なので心して歌いましょう。(これがオープニング曲なのは正直きついですが・・・)

「Ave Maria Ⅱ」(Dubra)

さらっと通しました。

「Ave Maria」(Bach-Gounod)

テンポに注意。コーラス隊はボリュームに注意する事。出だしに注意(伴奏と同時に歌い出しなので)。ソロを邪魔しないようにサポートできるように頑張りましょう。


「神の御子は」

「荒野の果てに」

会場客と全員合唱の予定。


合間に入退場の練習。2列になってバージンロード(\(◎o◎)/!)をしずしずと入場するマダム達でありました。


「Jingle bells」

明るく楽しげに。(でも英語の発音は注意して)

「Joy to the world」

メゾとアルトが主旋律となる部分35小節からはもう少し音量を出す。家でこの部分の歌詞の復習をしておくようにとの事です。

「Deck the halls」

英語の発音に気を付けて(特にthe)。

「White Christmas」

綺麗なハーモニーですが低音域のアルト苦戦されています。頑張れ~。


「The Lord bless you and keep you」

「All things bright and beautiful」

楽譜のファイルの重量にだんだん疲弊してきた、か弱いマダム達の腕の筋力の影響もあり、脇が締まってきた(歌う姿勢)との注意がありました。

アンチエイジングのため、筋トレも必要かも・・。

今更楽譜を張り替え再製本も大変だし、本番は楽譜の重さなど微塵も見せずににこやかに歌いましょうね。


ここで嬉しい訪問者が。幸せオーラを背負ってやってこられた新婚その1の元花ちゃん♡(『花ちゃん』のままでいいのかしら・・と思いつつ)


エンディングの「聖夜」を歌って練習終了。しばし歓談タイムの後解散となりました。


本番は客席も近いので結構プレッシャーかかりますが、英語の歌詞等再チェックしておきましょうね。

寒い日が続きますが、本番まであと少しです。体調を整えて臨みましょう。

では日曜日に!


フラウリッヒ練習日記 2014年12月11日(木)

朝のニュースでノーベル物理学賞授賞式が報道されていました。

はやぶさ2号打ち上げ成功やノーベル賞受賞とか技術立国日本の底力というか面目が近年少し持ち直してきた感があって国民の一人として素直に嬉しいです。


さて大雪の被害で死者も出るほど冷え込んだ先週でしたが、今日は寒さは先週ほどではありませんでした。


軽くウォーミングアップと発声の後、歌の練習開始。

メールでお知らせのあった通り、クリスマスコンサートの演目から冒頭の2曲割愛です。

ほっとした感もあり、残念な感も?あり・・・

まあ、私たちも(某団長含め)歳をとって無理が利かなくなったというか?数年前なら「なにゆーとんっ!絶対やるんよっ!」となっていたところでしょうか?

残りの曲をみっちり仕上げて、曲数が減っても充実したコンサートにしたいものですね。


「Ave Maria Ⅱ」(Dubra)

「Ave Maia」(Arcadelt)

先ず母音で何回か通してから歌詞で練習。

曲の出だしから注意があったのは、さみしそう(?)に歌わないこと!景気の悪い歌い方はしない。

それと一旦音取りしたら集中して歌い出しを合わせる。音取りしたらしゃべるなんてもってのほか。(人にしゃべりかけるのもね~NGよ)


「Ave Maria」(Bach-Gounod)

立って本番仕様の位置取り?で舞台を背にして歌いました。

コーラス隊、美しくソロのサポートをできるよう頑張りましょう。


「神の御子は」

1番のみ。

「荒野の果てに」

2番まで。


「Jingle bells」

明るく。でも歌詞の発音は注意。テンションを↗↗↗して。


「Joy to the world」

前奏からの意外な歌い出しなのでタイミングに注意する事。

中間部の歌詞をもう少しこなれて歌えるように各自練習。


「Deck the halls」

歌い出した途端ダメだしが・・・。

「『でぇ~っく』はやめてっ『でぇ~っく』は!(怒)徳島県人丸出しっ!皆かわいい西洋人の子供になったつもりでっ!(そりゃ無理だろ・・ソードマン心の声)

叱られつつ何回か通しました。


「White Christmas」

美しいアレンジのハーモニーですがメゾやアルトの方々は音が取りにくかったり、極低音で苦戦されております。ソプラノはメロディラインで申し訳ない気分。


「The Lord bless you and keep you」

「All things bright and beautiful」

大分英語の歌詞もこなれてきました。さらに本番まで要練習。


「聖夜」

3部合唱の楽譜ヴァージョンで。2番まで歌い、もし繰り返すとすれば3番にはいかずもう一度1番の歌詞で歌う。


以上本日の練習はコンサートの演目の順に練習をしました。

本番まで今日を含め残す練習は4回です。

週末からまた寒波襲来との予報が出ております。皆さん体調に気を付けてお過ごしください。

ではまた来週。

フラウリッヒ練習日記 2014年12月4日(木)

12月になりました。今年も残すところ1か月足らずです。

 

昨日は探査機「はやぶさ2号」の打ち上げがありました。

外出先で気になってスマホでネット配信の打ち上げライブを観たソードマン。

無事打ち上げ成功してよかったよかった。元MHI社員としては、ロケット胴体のロゴが懐かしや・・・。ミッション達成して6年後無事帰ってきてね。

 

さて、2日ほど前から日本列島真冬の冷え込みです。今日も往路バイパス横の気温表示の電光盤が一桁表示!(寒っ)

しらさぎ台ドームも冷え込んでいましたが、早めに来てエアコン入れてくださったメンバーの方、ありがとうございました。

 

今日は先週に引き続き真鍋先生のトレーニングがありました。

 

ストレッチの後、脱力、自然体で息を流す練習。

胸郭を拡げて短く息を流す。

四つん這いで背中に息を流す。仰向けになって身体をひねり左右に足を交差。さらに頭から足先まで息を流す。上半身を起こして息を切りつつ「ずー」で声を出す。

正座した体勢で息を流す練習。

 

更に立ち上がって「ずー」や「あー」で高さを変えつつの発声の反復練習。

今日は息の溜めと背中(身体の中)を通して声を出す練習に重点を置いたトレーニングでした。

 

トレーニングですこーし(?)暖まったところで歌の練習開始。

 

「All things bright and beautiful」

まず、「なー」で通しました。

次に同じく「なー」で膝を曲げて下から息をつかんで頭の上まで持ち上げるような動作をしつつ歌いました。

真鍋先生のご指摘で、もっと全員の呼吸(息の流れ)を合わせるように何度も反復して練習しました。


引き上げる動作は効き足を前に、膝の位置から頭の上まで手で持ち上げるようにしますが、声を出すタイミングは引き上げる瞬間ではなく、引き上げて息を流す流れに乗って声を出すようにとの事です。漫然と実施するのではなく、皆で合わせる意識を持って。

「なー」でみっちり歌った後、歌詞で通しました。

 

「Ave maria Ⅱ」(Dubra)

2,3回通しました。(この曲はアンコン演奏予定らしい)

フレーズの流れに注意(ブレスでぶちぶち切らないこと)

下パート支えをしっかりしてもう少し柔らかめの声で。ピッチに注意。19小節から20小節の入りはおさめる感じで。

最後の3小節のソプラノの上昇型はピッチ(特に23小節の3音目のA)下がらないように。

 

「Ave Maria」(Arcadelt)

さらっと通しました。

 

「Ave Maria」(Bach-Gounod)

2,3回通しました。ソロとの掛け合いというか、10ページ上段からのコーラスパートの「sancta Maria~」の部分は「マリア様、マリア様、マリアさま~~!!」みたいに反復の度に盛り上げる感じで。

 

「The Lord bless you and keep you」

軽く通しました。

 

この後定番?「ゆめみたものは」ともう一曲「世界の約束」をさらっとおさらい。

本日の練習終了。

 

最後までなかなか暖まらないひえひえドームでした。

年末行事も多くあわただしい日々が続きます。選挙もあるし、寒いし・・・。

皆さん身体に気を付けてクリスマスコンサート頑張りましょう。

予定の全曲歌うのかなり大変です。頑張って練習に励みましょう。

 

7日のコンサート出演者の方々、体調にお気をつけて頑張って下さいね。

ではまた来週。

フラウリッヒ練習日記  2014年11月27日(木)

今日は先週に比べて寒さも和らぎました。

真鍋先生のトレーニング日です。

 

先ずストレッチ。首や肩回しで身体をほぐし、さらにペアになってびしばし背中をたたき合ったりして(決してどつき合いではない)からだ起こしを。

 

その後各自で脱力を反復練習。

身体も暖まってきたところで、胸郭を拡げてはっはっはっ、んっんっんっ~。

 

仰向けになって身体に息を流す(通す?)練習を数回。(吐き切った後息を吸うときにさらに2段階深く息をためる事を意識する)その後片足ずつ交互に息を吐きつつ左右に交差する繰り返し。

 

バタ足30回を2セット。後半15回は上半身を持ち上げて実施。

 

四つん這いになって背中に息を流す練習。

続いて正座したまま同じく背中に息を流す練習。

 

立ち上がって左右の足に交互に体重をかけつつ[Zu~」や「A~」で発声。

首の後ろやみぞおちに手を当てて意識しつつ発声の練習の繰り返し。音を付けてやりました。

最後に先生から「歌う前に口の中のストレッチをするといいですよ」とのアドバイスがありました。口の中の筋肉?をいろいろな方向に引っ張る感じ(→当然『変顔』になりますが・・)

 

トレーニング終了後歌の練習。(ちょっと選挙関連の街頭演説がやかましい・・まだ公示前なのにな)

 

「Ave Maria Ⅱ」(Dubra)

まず1回通しました。

下パート、もっと鳴らすようにとのことです。胸郭の広がりを意識した息づかいで声をキープする事。4小節目の和音に注意する。

最後のAmenはソプラノパート、ローテーションブレスでつなげましょう。

 

「Deus, canticum novum cantabo」

2,3回通しました。テンポ遅れないこと。

他パートに較べて歌った経験者が少ないメゾパートは大変ですが(音の動きも複雑で大変)、旋律に「こなれ感」が少なくて少し出が遅れ気味になるので早く慣れましょうとの注意がありました。

 

「All things bright and beatiful」

さらっと通しましたが、真鍋先生から「ユニゾンが多い曲なのでもっと楽しんで歌ったらいいですよ」とアドバイスがありました。

とにかく「the」の発音に注意する事。(p.71やp.44)

歌詞のどの単語に重きを置いて歌うのかを意識する事。(冠詞のtheは軽く)

 

「The Lord bless you and keep you」

さらっと一回通しました。(ちょっとしんみりムード・・・)

 

「Deck the halls」

副団N尾女史の歌詞読みの後、景気よく(明るく)1回通しました。

 

最後に「White Christmas」を1回通して本日の練習終了。

コーヒータイムの後解散。

 

本日夜(夕方から?)音楽協会のコンサートが開催されます。(台風で順延になった)

欅メンバーとして出演される団長とN江女史頑張ってくださいね。

 

来週は師走に突入です。気忙しい年末になりますが、身体に気を付けてクリスマスコンサートの練習頑張りましょう。

ではまた来週。


フラウリッヒ練習日記  2014年11月20日(木)

本格的な冬の到来のような冷え込みでした。

団長が室内でもマフラーをしたままの状況・・といえばお察しいただけるかと・・。

とにかくしらさぎ台ドームは終始冷え冷えとしておりました。


準備運動もおざなりに・・(反省)即歌の練習開始。


「All things bright and beatiful」

本日最もじっくり時間をかけて練習しました。

歌詞の音読み、音を付けての歌唱の反復練習を行いました。


「Deck the halls」

これもじっくり歌詞の音読み、歌の順で練習。


「Ave Maria」(Bach- Gounod)

軽く2,3回通しました。


「Ave Maria」(Arcadelt)

この曲も軽く2,3回通しました。

軽くって言っても、ソプラノパートは結構高音域が続くので苦しい・・・。


「Ave Maria Ⅱ」(Dubra)

2,3回通しました。

最初のフレーズ(2小節)はぶちぶち切らずにノンブレスで歌う。


練習最後になってもドーム内はなかなか暖まらず・・これからは試練の季節ですね。

クリスマスコンサートのチラシやチケットが配布されました。(わんこ大将仕事が速い!)

27日には音楽協会コンサートもあります。

気忙しい年末ですが、拍車をかける衆院選挙もありそうです。

皆さん健康に気を付けてクリスマスコンサートに向かって練習に励みましょう。

ではまた来週。


フラウリッヒ練習日記  2014年11月13日(木)

本日冷え込みました。

しらさぎ台ドームにて練習。真鍋先生のトレーニングあり。

 

首や肩を回してストレッチ、脱力の反復、はっはっはっ~んっんっんっ~の繰り返し。立ったまま息を流す練習。続いて仰向けに寝て息を流す練習。さらに足を左右に移動させる反復練習。一回毎に息を吐きつつの反復です。

 

バタ足30回×2。楽々やっているメンバーの横でなまった体のソードマン、久々でこたえました・・・。

四つん這いになって背中から全体に息を流す練習の繰り返し。正座で息を横に流す練習。さらに立って横に流す練習等を行いました。

 

身体も温まったところで、歌の練習開始。

 

「Agnus Dei」

何度か通しました。

真鍋先生から「息漏れしている感じで声がよく飛んでいない」とのご指摘がありました。

コンサートオープニング曲なので心して歌いましょう。

 

「Deus, canticum novum cantabo」

2曲目がこの曲というのもなかなかきついものがありますが・・・(ソプラノはへとへとになりそうです)

今日の練習曲の中では割と時間をかけて練習しました。

41小節からの各パート「et confitebor ti bi」の「et」の e は母音が拡がりやすいので注意する。50小節最初の2分音符で各パート揃えて一旦おさめる感じ。

 

「exaltabo te」は「エクサル」で濁らない「サ」で。

「exal」や「alleluja」の「l(エル)」の発音は続く音節に子音をうまくつなぐようにとの事です。

 

「Ave Maria Ⅱ」

2,3回通しました。

 

クリスマスソングの「Jingle bells」

サビの部分というか「jingle bells」の繰りかえしの部分だけ何度か練習しました。

「jingle の ji は、おじいさん(=おじさん?)の「じ」の発音で!」

 

「All things bright and beautiful」

無理を承知で(?)歌詞で挑戦・・・・(玉砕)

歌詞の読み・発音等、各自練習しておきましょう。

 

本日の練習終了。

寒さも本格的になってきました。最近の日本の季節の移り変わりって晩秋すっ飛ばして即冬到来という感じですね。

皆さん風邪にお気を付け下さい。(ソードマンは昨日インフルエンザ予防接種したよん)

ではまた来週。

 

 

 

 

 

フラウリッヒ練習日記  2014年11月6日(木)

11月最初の練習です。今日は木曜日ですが、会場は二丁目広場でした。


ウォーミングアップの後歌の練習。

先ずラトビアのアベマリアこと

「Ave Maria Ⅱ」(Dubra)

本日一番時間をかけてじっくり練習しました。

「あ~」で歌った後歌詞で。


「Ave Maria」(Bach-Gounod)

階名で通した後、歌詞で通して練習。

ソロ以外のパート練習を重点的にした後、ソロと合わせて何回か通しました。

現時点でコーラスパートが(練習のため)ボリュームが大きいですが、本番はソロパートの引き立て役に徹して美しいハーモニーでサポートできるよう頑張りましょう。


讃美歌「神の御子は」と「荒野の果てに」は2番までです。(本日は歌わず)


「Jingle Bells」

「Joy to the world」

歌詞で練習。「Jingle Bells」はテンポに注意。(だんだん加速する傾向が・・)


「Deck the halls」

階名で練習。


「White Christmas」

階名で。アレンジが新しいヴァージョンなので注意。


「All things bright and beautiful」

階名で練習。


楽譜を各自そろそろセッティングしましょう。(かくいうソードマンも綴じてはいるけど各曲はばらばらです・・)


私事ですが、親戚のお祝い事で帰省でばたばたしててブログアップが大幅に遅れました。おまけに短い。(過去最短かも~)この場をお借りしてお詫び申し上げます。(しかしいつも思うのは、読者がいらっしゃるのか?という事ですが・・・)


日に日に気温も下がってきて(団長には?)過ごしやすい気候になってきました。風邪に気を付けて練習頑張りましょう。


ではまた来週。



フラウリッヒ練習日記  2014年10月30日(木)

今年も残すところ2か月と1日です。


明日はハロウィーン・・。特殊メイクとコスプレではしゃぐ大人達。本来子供がメインのイベントじゃなかったのか?何でも取り入れて別の方向に発展させていく日本人ってある意味グローバルなのかな~と傍観者の立場で感心する事しきりです。


今日も練習は10:00開始。日本シリーズ阪神の連敗で傷心のソードマンもちゃんとオンタイム到着。(野球興味ない方には不明ネタですみません)

行事等で少し欠席者がおられました。


ウォーミングアップの後、歌の練習開始。

クリスマスコンサート用の楽譜類(新アレンジの物等)が配布されました。

コンサートの曲順も決定です。


今日はクリスマスコンサート用の曲をピックアップして練習。


「Agnus Dei」

グレゴリオ聖歌です。以前に歌ったことのあるメンバーもおられますが、3回繰り返しを忘れずに。

コンサートのオープニング曲ですね。


「Ave Maria Ⅱ」(Dubra作)

「な~」で歌った後歌詞で練習。


「Ave Maria」(Bach-Gounod)

クリスマス用新曲。言わずと知れた(?)有名曲です。

階名の後歌詞で最後まで通しました。

本番はチャーミィ女史のソロで。バックコーラス隊は美しくサポート出来るように頑張りましょう。


「Deus, canticum novum cantabo」

本番の曲順は2番目ですが、本日のメイン(?)練習該当曲というか・・・。じっくり時間をかけて練習しました。


「Jingle bells」

「Deck the halls」

「Joy to the world」

クリスマスソングの赤い曲集から。

歌詞は英語なので要復習。

特に「Joy ~」はステージでは歌ったことのないアレンジヴァージョンなので注意しましょうね(ねっ♡ちはちゃん)


新しく配布された「White Christmas」もアレンジが違うニューヴァージョンなので気を付けましょう。今日は楽譜がバラバラなので後日各自製本後練習という事になりました。


曲順も決定し、楽譜も揃いましたので本番仕様の各自手持ち楽譜を早めにセットアップして来週からの練習に万全の態勢で臨めるようにしましょう。


今日の練習で結構気になったというか(いつもの事というか?)人が発言してる時は静聴しましょう。和やかなムードも大事ですが、伝達事項等はしっかり(一回で)周知できるようにしたいものですね。


では気温も下がってきましたので皆さん風邪に気を付けて。

ではまた来週。



フラウリッヒ練習日記  2014年10月23日(木)

秋本番。

メンバーのファッションもだんだんと冬モードに移行しつつあります。(特にトレンドに敏感な方々筆頭として)

本日も練習会場はしらさぎ台ドーム、集合時間10:00。(不肖ソードマン今日は間に合ったもんね)

 

ウォーミングアップの後、歌の練習。

 

「AVE  MARIA Ⅱ」(ⅡがあるならⅠもあるのか?とふと思った・・蛇足ですみません)

「な~」で歌った後、歌詞で。

強弱に関しては、8小節目cresc.して9小節のfに持っていったあと、13小節でdim.してその後17小節のffに曲のクライマックスを持っていくように。ただし物理的な強弱ではなく、曲の雰囲気を加味したものにすること。20小節でおさめる感じに。(「mortis=死」を意識して)

 

「ARVIEN  VER  SIRDS」

「な~」や「の~」で歌いました。

各パートの和声を感じて歌うこと。

この曲のクライマックスは32小節でその後のppのユニゾンは対比を付けて。40小節から和音の重なり→ふくらむ感じで。

 

「Deus, canticum novum cantabo」

歌詞で練習しました。

mやnの子音に音をのせる。(音程に注意)

パート別に分割して歌っては全パートで合わせるという反復練習実施。

この曲は体力的にきついです~(でも演るのね?絶対・・?)

じっくりと時間をかけて練習しました。ちょっとでも方向(?)を見失うと復帰できなくなるスリル満点の曲です。要練習です。(自戒をこめて)

 

「Deus~」で大いに煮詰まったところで、伴奏つきのクリスマスソングで気分転換を(?)

「ジングルベル」を3回ほど通して歌いました。

巷はハロウィーン一色でまだクリスマスムードではありませんが、来月になればクリスマスソングも流れてくるようになるのでしょうか・・。

イベントなんでもありーのの日本人・・。懐が深いというか寛容というか節操がないというか・・?。文化的な精神基盤が希薄になっている様な気がしてちょっと憂える昭和生まれのone of オバちゃんズのソードマンであります。

 

クリスマスコンサートの演目等、決まりつつあるようです。

結構(体力的に)ハードな(「Deus~」とか・・)プログラム構成になりそうで危機感をつのらせてるのは基礎体力無しのソードマンだけか??

 

楽譜持ちOKで安心せずに、頑張って練習に励みましょう。

朝夕冷え込んできたので風邪に気を付けましょうね。

 

ではまた来週。

 

フラウリッヒ練習日記  2014年10月16日(木)

10月も後半に入りました。

朝夕も冷え込むようになってきました。北海道や御嶽山の積雪の映像を目にすると、寒がりソードマン試練の季節到来間近と認識させられます。

週末の台風19号、本年度最大という割に徳島県下の被害は少なかった(土砂崩れ等のあった18号より)気がしますが、音楽協会コンサートはもろに影響を受けたというか中止になってしまって残念でした。

 

本日の練習会場はしらさぎ台ドーム。開始時間10:00です。フラウメールで遅れないように(チクチクと婉曲に・・でもないか?)記載があったにもかかわらず、遅刻したソードマンです・・。すみません。

 

ウォーミングアップと発声練習の後、歌の練習。

 

「ES  MEITINA  KA  ROZITE」

先ず階名で、その後「な~」「にゃ~」「だ~」「どぅ~」等の単音で歌って合わせました。

舞曲のような感じですが、テンポが徐々に速くなりがちなので注意する事。マルカートとレガートの対比を考えて。

歌詞はまだ付きません。

 

「ARVIEN  VEL  SIRDS」

階名で。その後「な~」「の~」等で歌いました。

 

「AVE  MARIA  Ⅱ」

新曲。ラトビアの作曲者によるAVE MARIAだそうです。

さらっと階名で音取りしました。

 

ピアニストY井女史が早退されるとの事で先に「おぼろ月夜」

歩きながら2回ほど歌いました。

(テンポ感の共有?を図るため?)

 

その後ポリフォニーの練習。

「Deus,cannticum novum cantabo」

階名と歌詞で練習。

まだまだこなれてきませんが、クリスマスまでには・・。結構体力的にキツイ曲です。

 

クリスマスコンサートの予定も着々と進行しつつあるようです(ひ~)

色々なスケジュールを身体に気を付けてこなしていきましょう。

ではまた来週。

フラウリッヒ練習日記  2014年10月9日(木)

薄曇りで涼しい朝です。

 

昨夜の皆既月食をご覧になったメンバーはいらっしゃるでしょうか。

ソードマンは夕食の支度をしつつ30分毎に庭に出ては月食の経過を見ておりました。完全に地球の影に入ってオレンジ色になった月を見て、みたらし団子みたいだ・・などど不届きな感慨をおぼえたのは・・何を隠そう私でっす!(世紀の天体ショーに何という即物的な感想を述べるおばちゃんじゃ~と自分に突っ込む・・・)

 

さて本日の練習は10:00よりドームで開始。前半は真鍋先生のトレーニングがありました。

 

首回し、肩回し等の後、各自脱力の反復。

仰向けに寝て息を流す練習。

足を交互に横にして身体をねじりながら息を流す練習。

更に一回毎に息を吐きつつバタ足20×2回。

 

「ず~」と言いつつ身体を起こしたり倒したりの反復練習。

さらに途中で止めた態勢で息を流す練習。

 

正座をして背中に(内部)息をためる感覚を実感する練習。「ず~」や「あ~」と言いつつ横へ息を流す反復練習。

立って肩甲骨を開いて背中に息をため、「ず~」や「あ~」で息を流す練習等々・・・。

本日は息の流れとそれに連動した発声を重点的にご指導いただきました。

メンバー増員が望み薄なら、来年の北海道遠征を現実にするためには、現在の団員の個々のレベルUPを図らねばならぬ!(だそうです・・・ひ~)

 

歌の練習開始。

「ARVIEN  VEL  SIRDS」

階名で合わせました。音が浮き気味になるのでしっかりと支えを持って発声する事。さもないと音程が下がるのに拍車がかかる。

35小節目から最後までのPPで静かな部分、各パート(曲の)世界観を共通認識すること。

階名のままで何度か通しました。

 

「ES  MEITINA  KA  ROZITE」

まずはアルトパートのみで前半を階名で。

だんだんテンポが速くなるので、リズム取りを命じられたN尾女史の拍に合わせて音取りを。

本日Y井女史はお休みでしたが、さすがの団結力を誇るアルトパート、2,3回繰り返すうちに本調子に。

 

ソプラノパートスタッカートなしの部分はレガートに歌うように指摘がありました。

パート毎に何度か部分練習し、さらっと全体で合わせました。

最後の2小節の音が下がらないように注意する事。

 

休憩の後、クリスマスコンサートの候補曲2曲をさらっと練習。

過去に何人かは演奏経験のある2曲ですが、月日の流れはいかんともしがたく・・・ぶっちゃけほとんど忘れているというのが現実でありまして・・。

 

「Lapidabant Stephanum」

久々のポリフォニーに四苦八苦しつつ最後まで音取り完了。かつての記憶が少しだけ戻ってきたか?

 

「Deus,cannticum  novum cantabo」

この曲はソプラノが結構高音域が多くて苦しかった記憶が・・。

階名で音取り。時間の都合もあり、1ページ目だけ重点的に練習。

未定ではありますが、クリスマスにはこちらの曲の方が採用される(?)模様です。

 

本日の練習はこれで終了。

最初にも書きましたが、朝夕涼しくなり季節も秋めいてまいりました。

皆さん風邪を引いたりなさいませんように。

これからの時期、各種コンサートが開催されます。(本日も各種チラシが配布されておりました)フラウメンバー出演のコンサートも予定されております。身体に気を付けて芸術の秋を満喫いたしましょう。

ではまた来週。

 

フラウリッヒ練習日記  2014年10月2日(木)

9月18日のコンサートは好評のうちに無事終了。当日の様子はギャラリーの方にアップされています。

先週25日はソードマン私用により練習をお休みしたので3週間ぶりの練習日記となりました。

 

10月に入りすっかり秋の気配が・・・といいたいところですが、日中は結構暑いです。27度越えの日もあったりして、夏服冬服混在で家中一番カオスな時期です。

おまけに私事ですが10年越えの単身赴任を解放された某会社員の引っ越し荷物を拙宅に受け入れて荷解きもしつつカオス状態に拍車がかかり、練習日記アップも遅くなってすみません(汗)

 

さて本日の練習会場はチャーミィ印の特設会場というか、I宮女史のご厚意でお借りしたお初の練習会場でした。

 

直接会場に乗り付けたメンバーもおられましたが、大半はアスティの駐車場で集合して徒歩で会場まで移動しました。

移動するころに強い降りになった雨ニモマケズ、誰も正確な場所を知らないおばちゃん集団の徒歩移動・・。でも無事到着♡

椅子も並べてスタンバイOK状態で玄関先でお出迎えして下さったチャーミィ様ありがとう。

リフォームされた防音仕様の美しい練習会場でした。

 

軽くウォーミングアップ。いつものすーずーざー、みぞおち押さえての発声や息を流す反復練習等を実施の後、歌の練習開始。

 

ラトビア曲の音取りをしていきました。

まずは「ARVIEN  VEL  SIRDS」

階名で音取りした後、「な~」でさらに音取り。

分割しつつパート別に歌ったり、全体で合わせたりの繰り返し。

結構時間をかけて最後まで音取り完了しました。

 

「ES  MEITINA  KA  ROZITE」

一曲目の曲とはがらっと雰囲気の違う曲です。アップテンポのダンス曲?みたいな感じ。ソードマンは両曲とも初見なので何も言えませんが。

階名で音取りをしました。

パート別に分割して進めていきましたが、後半アルトの音取りではみるぽん女史の独壇場(拍手!)皆さん頑張りましょうね。

最後まで音取り終了後、次の曲。

 

「おぼろ月夜」

伴奏つき日本語(ちょっとほっとする・・・)

歌詞で2,3回通しました。

13時までの練習予定でしたが、熱が入り(誰の?)13時30分まで練習。その後解散となりました。帰るころには雨も上がっていました。

 

来週の練習会場はドームです。

芸術の秋、スポーツの秋・・これから活動しやすいさわやかな気候になってきます。食欲の秋で身体が横に育たないように注意しつつ新曲の練習頑張っていきましょう。

ではまた来週。

フラウリッヒ練習日記  2014年9月11日(木)

さわやかというには少し(かなり?)暑い秋晴れの日です。

コンサートを控え火曜練習不参加の方にとっては最後の練習日です。

 

今日は真鍋先生のトレーニング日。おまけに早目の10:00開始。

先週予想もしなかった『スズメバチ騒動』で練習をドタキャンしたソードマン(しかし誰も練習日記フォローしてくれなかったなぁ。完全スルーだもんね・・ぶつぶつ)今日は洗濯も放棄して9時前に出発。余裕で間に合うはずだったのですが・・・

順調に車を走らせていた吉野川北側の土手から工事中という事で途中で下される羽目になり、通ったことのない道を迷走してしまいタイムロス(泣)。

結構遠回り後にUターンして15分遅刻しました。すみません。

工事は10月10日まで続くらしいので、次回からは国道を通ってしらさぎ台に来ようと思ったソードマンでした。土手を通る機会のある方はご注意ください。

 

さて、到着時トレーニングの真っ最中。(直前15分間の内容は遅刻したので不明です)

皆さん寝転がって足を身体の左右に腰をひねりつつ交互に交差する運動中。

その後、同じ動きを一回毎に息を吐きつつスピードアップして連続。

正座して息の流れと体の中に息がたまるのを実感する練習。

足を抱えて丸くなって後ろへゴロンと転がってから息をためる練習。

四つん這いになって腰~背中と息を流す練習。

ず~と言いつつ何度も反復練習しました。

立ち上がって各自自分のみぞおちを押さえて圧力をかけつつ、息を吐いて横隔膜の動きを感じる。さらにず~、あ~と色々な高さで声を出しつつ繰り返し。

右足、左足、両足と体重を移動させながら声を出す。(踏ん張って下に広がる感じで)

 

本日のトレーニングは呼吸と息の流し方、それと連動した声の出し方を重点的にご指導いただきました。

 

トレーニング終了後、歌の練習。

本番通り2列になって本番の曲順で練習しました。

 

「浜辺の唄」

歌う前に口の開け閉めを何回か実施。滑舌をよくすること。

とにかく明るい表情で。(真夏の海辺を嬉しそうに走り回るイメージ?)

「N尾さん、もっと嬉しそうにして!」と無茶振りされておりましたね。

いじられキャラ定着気味のN尾女史つーか、一種のパワハラか?

 

テンポが出だしから遅れるとの注意がありました。伴奏をよく聴いてフレーズの流れに乗って歌うこと。

8分の6拍子(の二つ振り)をよく感じて歌いましょう。

 

「紅葉」

「あーきの♪」の出だしの母音の歌い方に注意。この曲も表情に注意して。(顔が顔がーーと指摘されても一朝一夕には要求に応じられません・・持って生まれたものの影響も多大だし・・無愛想代表ソードマン心の声・・)

明るいのはいいけどガキっぽくならないように。

 

「故郷」

さらっとと通しました。

滑舌よく歌うこと。3番最後のテンポは指揮をよく見て。

 

「赤とんぼ」

この曲もさらっと通しました。

 

「落葉松」

毎度のことですが、出だしの「からまつの~」の歌い方に何度もダメ出しが。「かーらー、ま・つ・のーみたいに切らんとって!!」(怒号)です。

 

「落葉松のあきのあめに」はノンブレスで。絶対!!

「歌い方に心がこもっとらん!いい声で歌ってないのをうまく指揮する気も起らん」等々・・。犯人はソプラノです(・・・?)

ソプラノがちゃんと盛り上げて歌わないと、他パートは支える気も起らない要因となるようです。ソプラノパート心して頑張りましょう(泣)

 

20小節後半からと47小節後半からの、歌い上げる部分(fやff)はしっかりと。テンポの揺れ(テヌートは1回目より2回目の方に重点的にかける)は指揮をよく見てついていきましょう。

 

「ゴンドラの唄」

さらっと通しました。

歌詞の意味をよく把握して思いを込めて歌う事。

 

最後に一回「落葉松」を通して終了。

 

各自来週火曜と本番前日水曜の夜の短い練習及び本番の時間確認をしておくこと。衣装のチェックも忘れずに。

練習終了間際から雷の音がしはじめてあたりが暗くなってきました。

ぽつぽつ降り始めた雨の中解散。

 

不安定なお天気が続きますが、皆さん体調に気を付けて本番頑張りましょう。

ではまた来週。

 

フラウリッヒ練習日記  2014年8月28日(木)

8月の最終練習日です。

雨の多かった7、8月ももうすぐ終了です。

相変わらずすっきりと晴れる日が少なく、今日も曇り空で時折小雨がぽつぽつ・・という天気です。

 

今日は予告通り遠隔地会員のANNEさんが参加されました。暑い中遠路はるばるお越しいただきました。練習に対する真摯なお姿、休みがちな(?)地元の会員は見習わないといけませんね。(最近オーバーロード気味でちょっとやさぐれてるソードマン、本日の日記毒舌全開なのですみません・・先にお断りしておきます。でもまあこのブログ読者も少ないのであまり影響なしか)

 

ANNEさんが少し早めに到着されるとの事前連絡で、早めに集合したソプラノパートの真面目なおばちゃん達+団長で、少しパート練習を実施しました。

問題の(?)「落葉松」を重点的に。全体の流れを把握するため分割しつつさらっと通しました。

 

そうこうするうち他のメンバーも到着し、(本日の)全員が揃ったところで練習開始。

 

「浜辺の唄」

「紅葉」

「故郷」

「赤とんぼ」

「落葉松」

「ゴンドラの唄」

 

各曲比較的スムーズに流して練習。(主要メンバー全員参加だったので、詳細記述割愛です。すみません手抜きです・・・)

今日は途中で早退のメンバーもおられるので、とにかく全曲サクサクと進めるのを目標に・・?

 

本日のソプラノは多大なANNEさん効果のおかげで「いい音出ている」とか「しまっとる」とかいろいろお褒めの?コメントをいただきました。(いつもだらーんと緩んでるつもりではないのですが・・・)

さすがANNEさん安心のクオリティですが、一般人のフラウソプラノズ(筆頭ソードマン)も自力UP目指して頑張りましょう。(と自分に言い聞かせる・・・)

 

本日は充実した練習ができました。

週末のコンクールに参加されるセレアンのお二人、頑張ってきてくださいね~

来週は9月です。コンサートまで1か月ありません。曲の仕上げ・暗譜等残り少ない練習回数ですが、心して取り組みましょう。

ではまた来週。

 

 

フラウリッヒ練習日記  2014年8月21日(木)

お盆休みをはさみ、2週間ぶりの練習です。ちょっと久々感が・・・

お天気は良くて真夏日。予定変更(というか元通りというか)会場は2丁目広場でした。

 

お盆前に連続で日本列島に襲来した台風の影響で、西日本各地に甚大な被害がありました。『1か月分の雨が○時間の間に降った』とか『観測史上最大の雨量』という報道を何度も耳にしました。これも異常気象というか温暖化の影響なのでしょうか・・・。土砂災害で多くの犠牲者が出ておられて、心が痛みます。

 

さて、今日は団長含め参加者11名。少な目です。ピアニストみるぽん女史も修行のため?首都遠征中でお休みでした。

本日ソプラノは重鎮ディーバK村女史がご不在で、控えめな性格と声量のなさを誇る?ソプラノズで四苦八苦いたしました。(泣)

 

軽くウォーミングアップのあと、即歌の練習。

 

「浜辺の歌」

「紅葉」

「赤とんぼ」

「故郷」

「落葉松」

「ゴンドラの唄」

 

今日はとにかくサクサクと9月のステージで歌う歌を順に練習。

詳細は割愛。全曲最初から最後まで一通り練習しました。

 

「どしたん、調子よく(練習が)進むなぁ~」

「今日はN尾さんが途中で『どこ~?』とか『何ページ?』とか言わんけん調子よく進むんかな~?(失礼な?!)」と団長のコメントが。

 

「そうやろ~。N川さんやE川さんみたいに、楽譜に(附箋)貼ってきたんよ~♡」

との事でした。(団長、ご要望通り記載いたしました)

N尾女史もご推奨の附箋、歌う曲が各種曲集に分散しているので、さっと該当曲を探すのに便利です。曲さがしのロスタイム短縮効果あり。

 

9月のコンサートまで1か月を切っております。なかなか全員が揃っての練習ができませんが、暗譜も含め各自が自覚を持って取り組みましょう。

 

まだまだ残暑が厳しい日が続きますが、皆さんお身体ご自愛を。猛暑の疲れが出てくる時期ですが、練習頑張りましょう。

ではまた来週。

 

フラウリッヒ練習日記  2014年8月7日(木)

8月になりました。

今日は暦では立秋だそうです。秋の気配は・・・・まーーーったく無しっ!

薄曇りですが気温は高く接近中の台風の影響もあり蒸し暑さひとしおです。

 

お盆前の週とあって皆さんお忙しいのか、今日は欠席者多数でした。

総勢8名。練習会場がいつもより広く感じられました。

 

予告通り本日は10時から開始。真鍋先生のトレーニング2コマ有りです。

 

各自鏡のある壁面に垂直方向に敷物を設置して、鏡を背にした先生を前に(自分の)姿を確認しながらトレーニング実施しました。

 

軽くストレッチ。

仰向けに寝て左右に足の交差をしつつリズムに合わせて呼吸をする。

息を吐きつつゆっくり寝て起きて・・の反復。

寝て起きての途中で止まって息を何回か流す練習。

四つん這いになって背中の動きと連動させつつ、息を流す練習。

正座して同じく息を流す練習。(首の後ろの骨の振動を確認して)

立ち上がって、みぞおち付近をおさえつつ(息と連動して体内で動く位置を確認)ず~、あ~で声を出す反復練習。

体側(腰の位置←くびれもしくははみ肉となる付近)をおさえて、同じく息と連動して体内で動く(膨らむor拡がる?)を感じつつ声を出す練習。

具体的にわかりにくかったので、各自真鍋先生のダイナマイト・バディをおさわり解禁で実地確認させていただきました♡

歌う筋肉(胴回り?)はカチカチじゃない方が良いとの事です。(「ぷにぷに」がいいというわけではない。あくまで柔軟な「き・ん・に・く」。)

 

最後に実際に歌詞で歌うときの注意事項として、「息を先に出してそれに言葉を乗せる感じ」というアドバイスをいただきました。

皆で何度か「からまつの~♪」の部分だけ反復練習。

 

今日のトレーニングは息の流れ、呼吸と連動した身体の使い方等を重点的に練習。バタ足はなかったです。(内心ほっとしたのはソードマンだけではないだろう・・・)

 

トレーニング終了後、「落葉松」の練習。

ここでE川女史が到着され、練習参加。

真鍋先生もしばらくお付き合いくださいました。

 

アルト2、メゾ3、ソプラノ2の人数でしたがまずは一回さらっと通しました。

次に分割して練習。

「よるのあめに」の「よ」は少し前にiを入れる。「(i)yo・ru・no~」みたいな感じ。特にソプラノ注意。

 

「よるの」の部分で「る」で少し音の幅(?)が狭くなると指摘がありました。同じ高さ(天井=高低幅)を保って歌うこと。

歌詞における助詞の扱い(歌い方)に注意する。○○の~、とか、○○に~とかの助詞部分が強く押したように聴こえないように。

 

p.30の55小節目(ピアノ譜の部分に小節番号がついていることに本日気づいたソードマン・・遅っ)メゾとアルトのハミングとその後の56小節目の最初の3パートの和音を合わせる。

 

お母さんコーラスのTV放映を観て大いなるショック(失望?絶望?)を受けられ、徳島県の合唱界の現状を憂い、底上げ及びこれからの発展に(?)決意を新たにされた(こ・怖いよ~)団長が「最近は言いたいこと全部言っとるわけじゃないけど、今日は辛口で生かしてもらうっ」て・・・。(ひえ~~~)

トレーニング後の1時間の短い練習でしたが、充実した練習でした。

 

さて、来週はお盆休みで次の練習は再来週です。

練習会場はちゃーみぃ女史関連施設つーかお初の特設会場♡の予定。後日連絡が回るとは思いますが、各自場所確認を宜しく。

 

台風12号の被害も癒えないまま、次の台風が接近しつつあります。

連続して来襲の台風の影響で水害や土砂災害が心配です。大きな被害が出なければいいのですが・・。

 

皆様お盆休み楽しくお過ごしください。阿波踊りの夏!E藤姐御、頑張って下さいね。(○○の冷や水にならぬように・・えへへ)

 

ではまた再来週。

フラウリッヒ練習日記  2014年7月31日(木)

7月最終日。

今日は若干曇り空で猛暑日にはならない模様ですが真夏日は確実か。

接近しつつある台風の影響で、結構風がきつい。

 

さて本日欠席者多し。(アルトは全員集合♡)

皆さん夏バテか?明日から8月で夏本番はこれからだし、9月のコンサート目指して元気で過ごしましょうね。

 

軽くウォーミングアップと発声の後、即歌の練習開始。

 

「浜辺の歌」

フレーズの流れに注意。

 

「紅葉」

出だしの「あーきのゆうひ~」の「あ~」の母音の響きを合わせる。

真夏日にガンガンに冷房の効いた部屋で「あーきのゆうひーに・・・」と歌うのもちょっとシュールな感じ・・。(そう思うの私だけ?)

12小節目の8分音符で動くメゾは遅くならないこと。

歌詞の日本語の美しさを充分感じて歌うこと。

 

「赤とんぼ」

サラッと歌いました。

強弱の変化に気を付けて。4小節ごとのフレーズは(カンブレはしても)つなげる事。

感動の頂点は10小節の冒頭に持っていく。

10小節目の最後の4分音符(メゾとアルト)は小節終わりまでちゃんとキープすること。

 

「故郷」

な、に、お、ら等の単音でパート別に何回か通しました。

息で歌う事(身体で)。喉で歌うのはダメ。

各パート振動・音程・フレーズを合わせる。49小節目のfでクライマックス。終わり方に注意。(指揮を見て)

 

「ゴンドラの唄」(定演バージョン)

お坊さん達を前にしたステージで煩悩垂れ流し?のような歌詞の歌を歌ってもいいのかしらん?と思いつつ・・。

歌詞の出だしの母音「あかき」「あつき」「あせぬ」の「あ」等々・・。雰囲気(色合い)を変える。

時間の関係もあり、この曲はさらっと歌って終了。

 

「落葉松」

今日は後半部分を重点的に練習。(p.27の下段より最後まで)

何度も出てくる「からまつの~」は前に進める感じで「かーらー、まつのー」ではなく「からまつのー」と文節をまとめて言い切る。

 

「ぬれるー」の「うー」母音は舌を脱力した状態で唇は形を作って歌う。p.30~p.31のffは楽譜に忠実に。p.31になってもボリュームを落とさない事。

「めがぬれる」のテヌートはかなりつけるので指揮に合わせること。

 

曲集の最後に作曲者の詳細なコメントや演奏上の注意事項が記載されているので、(必ず!)各自読んで把握しておくこと。

 

本日の練習終了。

台風接近中で週末のお天気が心配です。大した影響がなければいいのですが。阿波踊りの桟敷設営も始まったようで、いよいよ徳島の夏本番という感じですが、皆さん暑さに負けず練習頑張りましょう。

 

ではまた来週。

 

フラウリッヒ練習日記  2014年7月24日(木)

東北地方と北海道を除き梅雨明けした日本列島。

梅雨明けした途端に、連日の真夏日&猛暑日で暑さの厳しい日が続いています。日本はもはや亜熱帯か・・・(このフレーズ、去年の今頃も書いてたような気がする)

 

暑さに負けず2丁目広場に集合したメンバー各位。今日は遠隔地会員のANNEさんも参加です。暑い中遠路はるばるのお越し、ご苦労様です。

涼しいスコットランドから無事帰国されたN尾女史も2週間ぶりの参加。メンバーも揃い、普段のフラウの喧騒が戻ってまいりました。(先週は静かだった??)

 

軽いウォームアップ。脱力・すーずーざー、息の流れを意識しつつの発声等を簡単に実施後、歌の練習開始。

 

「浜辺の歌」

歌詞の発音に注意。子音を立てる&母音の響きを合わせる。

曲のフレーズの流れをよどみなく。

 

「赤とんぼ」

強弱記号に注意して。短いフレーズの繰り返しの曲なので強弱記号でメリハリ(曲のムード)を作る。

「あかとんぼ」の「ぼ~♪」の子音の強さを3パートで合わせて調節する。10小節目の出だしが頂点(感動の)になるように。

4番の前にピアノで前奏部分が間奏として入るので注意すること。

 

「紅葉」

冒頭の「あ~」の母音の響きを合わせる。

大人テイストの「紅葉」を歌うこと。(ガキっぽく嬉しそうに歌わない)

明るさはOKだけどガキっぽいのはNGだそうです。

アルト、メゾのメロディラインがちょっと変な(失礼な!)アレンジなのでパート別に何回か通しました。

 

曲集が別物にかわったのでアレンジも新たなものになって、主旋律のソプラノは楽なのですが、その都度音の取り直しを余儀なくされるパートの方々、大変申し訳ありません。

 

19、20小節の「すそもよう」の3パートのハーモニーとテンポを合わせるよう注意。31、32小節のメゾの「いろさまざまに」は奥行きを持たせる。

 

「故郷」

あまり遅くならないように。前に進めていく。故郷に思いをはせて歌詞を大事に歌うこと。

 

「落葉松」

出だしの「からまつの~」の「か~」で何度も何度も止められて反復練習。8分音符と3連符のリズムに注意。p.26の2段目、「ひのあるあめに」の「ひ」のHの子音をはっきりと。下段のメゾ&アルトの「あめにあめに」からソプラノの「わたしの」の繋ぎの8分音符の歌い方に注意する。

 

p.27中段、「乾いためがぬれる」「めがぬれる」のソプラノは「ぬれる~」でちゃんと音をキープする。

残り時間が少なかったのですが、一応最後まで通しました。

 

その後27日のH谷嬢の披露宴コーラス隊の練習を少し。

「瑠璃色~」の冒頭のソロはちびっと聖子ちゃん入ってる?(^_^;)と聴いていて思ったソードマンでした。

出演される方々頑張ってくださいね。

「あ~め~、あ~め~」と歌いながら華麗に紙ふぶき(花びら?ライスシャワー?)をカップルにお見舞いしてやってくださいませ~(←参加者にしかわからんネタ)

 

今日はANNEさんの参加もあり、充実した練習ができました。

「暑い~死にそう~スコットランドに移住する~~」と喚きたてる・・もといボヤき続ける団長をしり目に?長袖でエアコンの風を防ぐ寒がりソードマンでありました。(でも私もそれなりに暑いのよ)

 

とにかくここしばらくは厳しい暑さが続くようです。皆さんくれぐれも熱中症に気を付けてお過ごしください。ANNEさんもお疲れ様でした。

おかげさまで締まった練習ができました。(いつもが緩いというわけではないのよ!)

 

練習後バリモア女史ご推奨N尾女史お持ち帰りののスコットランド土産のお菓子をいただきました。(こんな美味しいお菓子を食べてるからバリモアさん成長(横に)するのよね~と誰か言ったか?きゃ~)

 

では暑さに負けず、また来週。

 

フラウリッヒ練習日記  2014年7月17日(木)

先週は台風のため練習はお休みでした。

2週間ぶりの練習です。

梅雨明けはしていませんが、本日はお天気は良くて厳しい暑さです。真夏日確実と思われる気温上昇。駐車場からとぼとぼ移動する間にもとろけてしまいそうな日差しです。

熱中症に気を付けないと・・・。

 

さて、本日の練習は欠席の方が比較的多めでした。欧州から帰国途中(?)のN尾女史はじめ、3名ほど。夏休み前でご多忙のメンバーも多いようです。

一方嬉しいお知らせ。

I藤女史、welcome back♡

 

本日の練習曲は下記。

「浜辺の歌」

「赤とんぼ」

「紅葉」

「故郷」

「落葉松」(冒頭から3ページだけ集中的に)

9月のコンサートでの演奏曲順や曲目の最終決定はまだ。9月だけど夏っぽい曲も入れる(浜辺の歌とか・・)予定。

 

その後、27日のH谷嬢の披露宴コーラス隊に参加のメンバーで当日の演奏曲のおさらいを。参加者の方々、頑張ってください。(ソードマンは不参加のため他人事ですみません。<(_ _)>

当日はお客様との距離が近いだろうから、メイクは薄めにね~なーんて老婆心・・。

 

来週は遠隔地会員ANNEさんが参加予定とか。暑さに負けない熱いパッション、見習いましょう。(ANNEさんお気を付けて来て下さいね♡)

 

今日の練習日記、超手抜きですみません!!

多分過去最短だぜ。(ほとんど練習メモ状態だな・・)

暑さには強いのですが、湿度には弱いソードマン・・。来週までには梅雨明けするかな~早くこのじめじめから解放されたい・・・。

サッカーW杯も終了したし、睡眠不足の体調を元に戻して来週は詳細記述を目指しますのでお許しを・・・。

 

夏はこれから本番。皆様お身体ご自愛を。ではまた来週。

フラウリッヒ練習日記  2014年7月3日(木)

今日は朝から大雨です。湿度は高め、気温は低め。

 

関東や九州では大雨の被害が報道されております。

昨日のニュースで梅雨入りしてから四国地方は少雨傾向のため、早明浦ダムの水位が下がり続けているとの事。60%を切ると取水制限に踏み切ると言ってました。昨日の時点で62~63%とか・・。農作物の生育の面でも雨は大切ですが、最近の日本の雨は降り方が昔に比べて極端な感じです。(これも温暖化の影響の一つか・・?)

梅雨のしとしとと降る雨というイメージではなくなってきました。

 

前置きが長くなりましたが、とにかく結構大降りの雨で2丁目広場の駐車場から建物までの移動でびしょびしょになってしまった鬱憤をここでちょっと吐き出すソードマンでありました。

 

今日は真鍋先生のトレーニングがありました。

ストレッチ、屈伸、脱力の後、今日は息の流れを重点的に。

す~、ざ~、あ~と無声音から有声音へと、息はみぞおちから手を左に動かしつつ横へ流すイメージで反復して発声。

何回か繰り返した後、音程を付けてさらに反復練習。

身体を準備しつつ、どの瞬間で声を出すかが大事との事でした。

 

四つん這いになって背中全体に息を流す練習。

バタ足30回。(今日は30回オンリーでした)

座って膝を抱えて丸くなって後ろに転がって息のたまる箇所を実感する練習も。(お尻が痛い…泣)

 

トレーニング終了後、歌の練習。

本日は新しい楽譜「うたのブーケ」が配布され、その中の曲をピックアップして音取りしました。

日本の愛唱歌集という趣の曲集なので、アレンジは違いますがどれもよく知られた曲ばかりです。

 

各パートで円陣を組んで音取り開始。他パートにくらべて歌い方(声)に支えがないといわれたソプラノにはお目付け役?で真鍋先生が円陣に加わられ(ひえ~)緊張感UP。先生がおられるだけで声の出が違う!と言われました・・。(現金な?ソプラノパート)

 

「もみじ」

冒頭の「あ」はずり上げない。強弱記号に注意。

メゾ、アルトは新アレンジで大変です。

 

「あの素晴らしい愛をもう一度」

ソードマンの認識では歌謡曲という範疇の曲なのですが。(まじでこれ歌うの?お坊さんを前にして??)

冒頭から主旋律はアルトが担当。

「○○さんや●●さんにはこの曲合っとんな~♡」との事です。

ソプラノ、メゾは冒頭よりオブリガード担当。(これが結構難しい・・)音取りで苦戦しました。

「こんな(傾向の)曲も歌う練習せんとといかんな」という事で、やる気満々?の某団長。

 

「ふるさと」

さらっと歌いました。メゾ、アルトは新アレンジでの音取りご苦労様です・・。

 

「赤とんぼ」

最後にさらっと通しました。

 

今日は上記4曲の音取りで終了。

今日の練習は終了しました。

 

梅雨まっただ中でしばらく鬱陶しいお天気が続きそうですが、体調に気を付けて地道な基礎練習に励んでフラウの総合力UPを目指しましょう。

週末に各種イベントが予定されてます。玉ちゃん2号頑張ってね♡

 

今日はこの後、前期のプチ打ち上げ&相談会も兼ねたランチ会開催の予定です。

出入り禁止とならない程度に大いに盛り上がりましょう!

 

ではまた来週。

フラウリッヒ練習日記  2014年6月26日(木)

合唱祭も無事終了しました。皆さんお疲れ様でした。

当日は大雨でなくてよかったですね。

 

さて今日から夏場の練習会場が2丁目広場オンリーという事になりました。

会場が近くなったので、私的には大変ありがたいのですが、一方で遠くなった方々もおられます。とにかく秋のステージに向けて、夏場の練習を乗り切れるよう頑張りましょう。

 

軽くウォーミングアップの後、即歌の練習開始。

 

「曼珠沙華」

定演でやった曲です。久々の演奏。

まず軽く通しました。

歌詞の発音(子音をたてる)や強弱に注意して。

小節の先頭にある休符を正確に。おどろおどろしいムードを表現する。

 

今日はこの曲に関しては、さらっと復習のような練習でした。

一度定演でじっくり仕上げた曲ですので、詳細な注意事項等確認しようと思われる殊勝な(?)方はブログ1を下へ下へスクロールして過去の練習日記をチェックしてね♡

 

「落葉松」

まずさらっと一回通しました。

みるぽん女史のピアノに聴き惚れていると・・・出遅れます。

 

次に今日の重点練習部分(?)として、p.26、p.27を繰り返し練習しました。

パート別に階名・「な~」・「の~」で歌い、その後2パート・3パートで合わせました。

曲全体に言えることですが、3連符と8分音符の区別を明確に歌うこと。

ユニゾンになった部分のピッチに注意。

p.27中段3小節目「ぬれる~」のソプラノとメゾ。その後のメゾとアルトの「めが、ぬれる~」の部分はアルトの音程が少し不安定と言われました。

 

3パートではソプラノが一番(歌い方が)『下手』という事で、ピアノの周りに集められて歌ったり・・・

う~ん、(バリモア女史が聞いたら「なんでやねん!」と憤慨されそうですが)以前にも言いましたが、ソードマンはこの曲苦手です。抒情性が足りんのかな~(自覚?しているだけに・・)

 

そうばかりも言っておられません。秋まで要練習です!

テンポの揺れや強弱変化が多彩な曲ですし、有名曲で、もしコンサートなら過去に聴いたことのある聴衆が多いだろうというのもプレッシャーですが、頑張って練習しましょう。

(ソプラノはパート練習を暗に示唆されました・・・)

 

最後に最初からp.27の下段まで通しました。

分割して重点的に練習しながら、その部分を確実に覚えて(=暗譜して)いくようにと言われました。

 

6月も終盤、あっという間に今年も半分(!!)が経過してしまいました。残り半分しかない・・。(光陰矢のごとしを再認識)

9月といってもあまり余裕はありません。夏休みを挟んで暑い時期だし体力的にも大変ですが、身体に気を付けて練習に励みましょうね。

 

さて現在開催中のサッカーWカップ、日本は昨日の試合でグループリーグで敗退が決定してしまいました(涙)

 

ひいきの引き倒し?というか負けると非難囂囂(すごく難しい漢字が変換で出てきた(汗!))のファンも多いですが、日本(やアジア全般)のサッカーはまだまだ発展途上という謙虚な認識をして今後の躍進を期待したいものです。

 

自国のチームが出てないのは残念ですが、サッカーファンとしてはこれからの決勝トーナメントが楽しみ♡

 

ではまた来週。

 

 

フラウリッヒ練習日記  2014年6月19日(木)

合唱祭を3日後に控えて最後の練習日です。

梅雨の中休みというか、晴れていいお天気ですが、暑いです・・。

サッカーWカップ観戦で睡眠不足の眼に日差しがまぶしいぜ。

練習日記短いです。(先に宣言)

 

本日の練習会場はしらさぎ台ドーム。

 

集まったメンバーから順次着替えて、合唱祭当日の衣装のチェック。

所要で遅れてくるN尾女史とお休みのE藤姐御以外に姿の見えないメンバーが一人。

「2丁目広場に行ったんちゃう?」

「衣装買いに行っとんかな~?」

とか散々な言われようでしたが、遅れてお越しになりました。車のトラブルだったとか?とにかく無事到着でよかったよかった。

 

皆さん、言わずもがなですが、わが団ではその場にいないと散々ないじられ方をしますので覚悟しておきましょうね♡

とにかく残り3日、平穏無事に(?)過ごして全員そろって本番を迎えましょう。

 

衣装のチェックも終了し、着替えて簡単にウォーミングアップ。今日は超短め。

まず「群青」の並びとフォーメーションの確認を。

移動のタイミングを忘れないように。

「群青」の練習。

「自転車をこいで・・」は一生懸命自転車をこいでいる情景を思い浮かべつつ歌う。(おばちゃんぽくならないように←難しい・・)

ソプラノが3拍で伸ばして切るところは譜面通りにちゃんと切る。アルトの出だしにかぶって影響があるので特に注意。

 

「うたをうたうとき」

相変わらずというか、出だしは緊張。

パート毎に「の~」で通してチェック事項の復習。

ここにきて、まだまだ苦しんでおります・・。難曲じゃ。

N尾女史がまだ来られてないので2人少ない中、団長から奮闘を促されるアルトのエース♡わんこ大将。

低い音域で大変なアルトパート、本当にご苦労様です。

この曲は子音をたてて、余り大きな音はいらないからハーモニーに注意する。

各パート、フレーズがぶちぶち切れないようにパート内でブレス位置の調整確認を。

最後の伸ばす音は大きくなくていいが、充分に伸ばす。

 

「かるがるとんで~」の後の休符についたフェルマータの空隙(静止状態)のキープは指揮をよく見ましょうね。

そうこうするうち、N尾女史到着。

 

何度か合わせた後、2曲通しました。(ひぃぃ~バテバテですぅ~)

 

お天気の週間予報によると、日曜は雨模様だそうです。朝の集合時刻が早目ですので注意しましょう。

忘れ物のないように。「群青」の暗譜もばっちりOK状態で臨みましょう。

団長手作りのジャパンブルーリボンを胸に、頑張れ日本!もとい頑張れフラウリッヒ!

 

では日曜に!

フラウリッヒ練習日記  2014年6月12日(木)

お母さんコーラス県大会も無事終了しました。

皆さんお疲れ様でした。

悲喜こもごも(?)の結果でしたが、来年度はわが団も当事者というか、うかうかはしていられませんね。(来年のことを言うと鬼が笑うとはいいますが・・・)日々の練習に励みましょう。

 

さて一難去ってまた一難もとい、一週あけて合唱祭です。隔週でイベントてんこもり~

本番まで今日と来週の2回の練習を残すのみです。

おまけに?アカペラの難曲・・・(自業自得つーか、選曲したの誰よ!)

 

まず簡単にウォーミングアップ。

今日の練習は集会所でしたが、重大な問題が発覚!

エアコンのスイッチの横に『故障中』の張り紙が。係りの方に確認したところ、「故障です。修理の予定はなし」との事。つまりこの夏は集会所の練習はエアコンなしということです。

暑さに強いソードマンは「そっかー」くらいの反応でしたが、暑がりのメンバーの方々には結構衝撃の事態だったようです。皆さん熱中症に気を付けましょう(と他人事・・・)

ダイエットの夏♡と思えばこの試練も乗り越えられる?(かも~?)

 

「うたをうたうとき」

さらっと通した後、一定音で歌詞をつけてお経の詠唱の様に通しました。

その後分割して各パート毎に母音で練習。

「言っとくけど、私はいつも言いたいこと(文句?)の10分の2(約分したら5分の1ですな)しか口に出しとらん」との発言が・・。

皆さん残りの10分の8(約分したら5分の4←しつこい)の言外の注意事項を充分意識して歌いましょうね。

でも、10分の10(=1)の時も多々あるような・・ごにょごにょ・・・←聞かなかったことに・・って書いてるじゃん! (・・;)

 

全体的に8分の6拍子を意識して。(アクセントの付き方が現状8分の6でない!と指摘有り)18、19小節のうねり感と着地した「ところへ」の「へ」の音を安定感あるものに。

 

歌詞の子音は前にだし、母音は響かせるが、助詞は強くならないように。

24小節目の和音のピッチに注意。(何回も反復練習・・)

26、27小節の伸ばさないパート(「やさしく~」と動いているパート)

これまた何度も反復練習。三善アクセント<>をつけつつテヌートありーの、rit.やdim.ありーので大変な部分ですが、各パート調和の美を目指して頑張りましょう。

 

「群青」

久々に全曲通しました。一度覚えた歌詞が忘却のかなたに・・・結構危ない方々が多かった(私を含め)ので本番までに再暗譜を完璧に。

 

一曲目の一列並びから、以前のアンコンでのフォーメーションを少しアレンジしたような若干の動きを付ける予定。来週の練習で再確認・徹底しましょうね。

 

衣装は来週までに決定とのこと。

では残り一週間余り、蒸し暑い日々ですが体調管理に注意して揃って合唱祭に臨めますように。

ではまた来週。

フラウリッヒ練習日記  2014年6月5日(木)

先にお断りを・・・

 

前回の練習日記でなんと(?)掲載200回となったらしく、「これ以上は入力できないので新規ページを開設せよ云々」みたいなメッセージが出たので、本日練習日記より新規ページで継続です。(200項目以上は載せられないらしい)

 

おお~ブログ開設以来200回も続いたのか・・・ニーズのあるなしお構いなく独断と偏見全開で記載している練習日記ですが、塵も積もれば山となる?つーかそれなりに続いておりますねぇ。ちょっと感慨深いものが・・。

漫画の連載なら『200回記念巻頭カラー』とか特集されたりするけど、練習日記はひっそりと地味ーに(一部マニア向けに?)続くのであ~る♡

 

さて、サッカーワールドカップ開催まであと1週間余り(こらっ)もとい、本日はお母さんコーラス前の最終練習日です。

3日に梅雨入りした四国地方、どんよりと曇った梅雨空のもと、しらさぎ台に集結したメンバー達。今日の練習はドームです。

 

ソードマンが到着した時は、先に集まった何人かがわいわいと当日のヘッ●ド●スの試着で盛り上がっておりました。

お母さんコーラスのファッ●ョン●ーダーと勝手に自負する?フラウリッヒ、ついにここまで来たか…(゜o゜)ソードマンはノーコメントですぅ。

まあ当日おたおたしないように、手際よく装着しましょうね。

 

軽くウォーミングアップ。すーずーざー、息を流す練習、発声や歌詞の発音等を簡単に復習。

 

その後当日の並びになって歌の練習開始。

結局3列は断念し2列に決定です。

 

「The Lord bless you and keep you」

先にこの曲を練習。やはり出だしの「The」にダメ出し。いっそのことLordから歌い出そうかと思ったソードマン。この曲の冒頭、かなり緊張しますねぇ。その緊張が悪循環になっているのでしょうけど・・・。本番心して歌い出しに注意です。

 

フレーズの流れ(息の流れ←後ろから回してくる感じ)、ポイントとなる歌詞の単語(Lord,light,countenance, gracious etc.)の歌い方に注意。敬虔な気持ちで歌う。

タイムを計測しつつ歌いました。

 

「Qui Tollis」

あまり止めずに?部分的復習。注意事項の確認。強弱記号は忠実に表現する。p.46下段ソプラノのmiserereの下降形は『爪先立ちでととととと・・・』(←団長の華麗なパフォーマンス♡)を心に描きつつ天上の響きを目指しましょう。

 

p.50ラストのcresc.からその後のfは雰囲気を変えて決然と歌う。

p.45の下段peccaのpec-ca、p.53の下段addexのad-dexの部分の

f→ppの急な強弱変化をしっかりとつける。(対比を効果的に)

 

タイムを計測しつつ2曲通しました。

かなり?タイム的に厳しいというかスリル満点というか・・。「タイムオーバーで失格っ」とか、フラウ史上の汚点になったりしないよねぇ・・。心配性ソードマンの杞憂ならいいのですが。

 

さてお昼過ぎに休部中の最年少会員(といっても昭和生まれ(^_^;))H谷嬢が幸せオーラを背負って結婚のごあいさつにみえられました。

7/27に結婚式♡だそうです。

急遽芸能リポーター化して囲み取材に励むメンバー達。おばちゃん達の鋭い突っ込みも笑顔でいなすH谷嬢。

フラウで鍛えられた対おばちゃん仕様無敵の防御テクニックはこれからの新婚生活にも大いに役立つことでしょう。嫁姑問題など軽くクリア間違いなしっ!(少子化対策にも貢献してくださいね~)末永くお幸せに♡♡♡

 

H谷嬢ご来場で盛り上がったドームでした。

コーヒータイムのあと、本番当日の集合時刻等確認して解散。

 

当日忘れ物をしないようにしましょうね。

今回ちょっと少な目人数でのステージとなりますが、精いっぱい頑張りましょう。残り3日、体調管理を怠りなく!

では日曜に。